前回に引き続き、意外過ぎる経緯でセックスレスを解消してラブラブ夫婦になったT様の寄稿をご紹介させて頂きます。

不倫でセックスレスの解消方法を知った33歳女性の体験談2

紹介された年上男性の超ハイスペックさに驚き

誰からも声はかからないだろうと高を括っていた私に45歳の年上男性からオファーがあったと連絡は来たのは登録してわずか4日が経った頃です。

若くもなくずば抜けた容姿を持っているわけでもない私に声をかけてきた人間は一体どんな男性なのか少し恐れもしたのですが、待ち合わせ場所にやって来たのは会社でも見かけるようないたって普通の男性でした。

第一印象は愛想の良い普通の年上男性といったもので、婚活パーティーなら人当たりの良さで第3~4候補辺りに名前を書かれそうなタイプです。

しかし、実際にデートしてみると明らかに住んでいる世界が違うと思い知らされました。

まず、ホテルのロビーで合流した後に連れて行かれたのは私達夫婦が記念日でも行けないような雰囲気の一流のレストランだったのです。

人生で初めて値段が書かれていない女性用のメニュー表を渡されて恐縮している中「今日はあまり肩肘張らなくていい気軽な店にしてみました」と照れ笑いで言われた時はどうしようかと…流石にこの日はマナーを気にして料理の味は分かりませんでした。

彼は恐ろしいほど頭の回転が速かったので食事中の会話は非常に楽しかったです。

“食事だけ”のつもりが不倫へ…

言い訳になりますが私は始め“食事だけ”のつもりで不倫をするつもりは全くありませんでした。

彼は人柄も良くコミュニケーション能力も高い上に高収入で紳士的という元婚活女性の目線で見ると凄まじく魅力的な男性ですが、私は旦那の事を愛していて彼の薬指には指輪が付いていたからです。

デートを重ねてそれなりに彼の事を知ったある日、2軒目としてバーに誘われ、そこでお酒を飲みつつ旦那の愚痴をこぼしてしまったのが不倫のキッカケになりました。

アルコールが入って面白くもないだろう私のセックスレス生活の話を聞く彼は本当に優しくて、「静かな所で飲み直しましょうか?」という言葉につい頷いてしまったのです。

その後は月に1回ほど会って私が行ったこともない高級店で食事やお酒を楽しみ、ホテルで過ごしてお別れするというダブル不倫生活が始まりました。

デート中に彼目線だと普通だという高価なプレゼントを何度も渡されそうになったのですが、申し訳なくてお断りしてばかりですから愛人としては失格だと思います。

不倫といえば周りが見えない位自分の世界に入りこんで「愛してる!」と言いあうようなロマンチックな関係が理想なのでしょうが、私達の場合コミュニケーションの延長線上に行為があるというだけです。

会っていない日の会話も普通の友人同士がしているような内容ですからもしスマホの履歴を見られても不倫カップルだとは分からないでしょう。

不倫男性からセックスレスのアドバイス!?

私の場合、欲しかったのは
・女性を選べる立場のハイスペック男性から選ばれているという自信
・理解力と言語化能力と推理力の高い既婚男性からの的確なアドバイス

の2つでしたので未だにプレゼントやお金を貰う資格は無いと思っています。

彼はセックスレスで悩む私に数回に分けてアドバイスをし、少しずつ解決に迎えるよう計画を練ってくれました。

旦那とのセックスレスを相談している内にホテルに行ってしまった不倫初日は
・一晩で解決しようとしない
ということだけをアドバイスして長期戦を想定出来る覚悟を、その後
・自信を回復させてあげつつ男を安心させ過ぎない
・楽しい思い出話を繰り返す
・恥じらいを見せる
・『セックス』ではなく『デート』をする

といった事を順番にアドバイスして進捗状況に合った解決を模索してくれたのです。

この計画が判明したのは私が彼にセックスレスが解消した事を伝えた後だったのですが、アドバイスを受けた当時はこのセックスレス解消方法に疑問を持っていましたので彼のやり方は正しかったと思います。

アドバイスの段階が進むごとに旦那の態度が変わり、言動に変化がありましたのでその変化を報告書風にまとめてみました。

読みにくいようでしたら適宜改変して頂いて構いませんのでどうぞご覧ください。

不倫男性のアドバイスを実行された旦那様の変化が観察日記に…
→『不倫でセックスレスの解消方法を知った33歳女性の体験談(後編)』に続く