P活においてプロフィール写真はあなたの顔。
プロフィール写真が綺麗に撮れていると、それだけでパパを見つけやすくなります。
この記事ではP活のアプリに載せる写真の綺麗な映り方を解説していきます。
写真の映り方がイマイチわからないと言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

P活で綺麗に見える写真の映り方、4つのコツ

P活で綺麗に見える写真の写り方を4つご紹介します。

・正面から自然光の下で撮る
・他の人に撮ってもらってナチュラルな印象にする
・スタイルを良く見せたいなら遠目から風景と一緒に撮る
・髪の綺麗さなど自慢したいパーツがあれば強調する

写真映りに自信がない方にも参考になる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。
それではそれぞれのコツについて解説していきます。

正面から自然光の下で撮る

まず1つ目のコツは正面からのアングルで自然光の下で撮影することです。
蛍光灯の下だと肌の色やクマが目立つなど、照明によって顔の印象が変わってしまいます。
逆に自然光の下だと肌の色も綺麗に見えますし、全体的に自然な印象で綺麗な写真を撮ることができるんです。

また正面からのアングルにするのは、パパにあなたの顔立ちをはっきりと伝えるため。
斜めからのアングルだとパパに「顔立ちがはっきりわからない」と不安を感じさせる可能性があります。
どうしても角度をつけたい場合は、斜め45度くらいの角度だと目鼻立も伝わりやすいです。

他の人に撮影してもらってナチュラルな印象にする

自撮り写真をプロフィールに設定している女性も多いですが、他人が撮影した自然な笑顔の方が好感度は高いです。
さらに自撮りで意識して笑顔を作ったものより、他の人に撮影してもらった笑顔の方が自然で美しいと言われています。
友人に頼んでプロフィール写真の撮影に協力してもらう、どうしても恥ずかしければタイマーなどを使って自然な表情を意識して撮影すると良いですよ。
自分で撮影する時には連写モードにしておくと、自然な表情の写真を撮りやすいです。
なるべくナチュラルで美しい笑顔の写真を載せて、パパの目に止まるように綺麗に写真に映りましょう。

スタイルを良く見せたいなら遠目から風景と一緒に撮る

遠目から風景と全身を合わせて遠目から撮影すると、スタイルを良く見せる効果があります。
P活においては顔以外にもスタイルも重視されるので、体型も美しく見えるとパパの目を引きやすいのです。
遠目から撮ることでごまかしが利くので、スタイルに自信がない方にもおすすめ。
背景は旅行先やオシャレなカフェの外観にして、背景のインパクトを強めるとさらに細く見せる効果があります。

髪の綺麗さなど自慢したいパーツがあれば強調する

また撮影の際のポージングで、髪の綺麗さや手首の細さなど、自分の自慢のパーツを強調しましょう。
自然と自信が湧いて表情も美しくなりますし、チャームポイントを写真を見る男性に伝えることもできるからです。
髪が綺麗であれば前に髪を垂らして艶を、手首が細いなら手首を胸元に当てて華奢な印象を強調します。
自分が強調したいパーツを考えて、その魅力を伝えられるようなポージングでさらに美しい写真を撮ることができますよ。

まとめ

P活の写真の撮影方法は自然な印象で自分でも納得できるものを選びましょう。
そのためには今回お伝えしたコツを参考にして、何十枚か写真を撮影してベストショットを選ぶのがオススメ。
自信に溢れた自然な表情の写真は、美しくて魅力的に見えるでしょう。
素敵な写真をプロフィール写真に設定して、パパの心を掴んでみてくださいね。