P活において会話が弾むというのは非常に重要なポイントです。

なぜなら一緒にいて楽しい女の子、そして前向きに頑張っている女の子をパパを応援したいと思うものだからです。
この記事ではP活においてパパとの会話が弾むために覚えておきたいテクニックを5つ紹介します。
パパの心を掴み、お互いに気持ちよくデートをするためにもぜひ頭に入れておくとよいでしょう。

パパとの会話が弾む5つのポイント

パパとの会話を弾ませるためには以下の5つの点に注意しながら会話を進めましょう。
男性に気持ちよく話してもらい、なおかつ好感度を得ることができます。

パパの話にテンポよく相槌を打つのが基本!

P活のデートの際には聞き役に回り、パパの話にテンポ良く相槌を打つのが基本テクニック。
自分の話を聞いてくれる女性は、男性にとって癒しの存在となります。
だんまりとだと「つまらないかな?」と気を使わせてしまうので、「うんうん、なるほど!え〜!面白い!それでそれで?」など相槌をのバリエーションを増やして
パパを気持ちよく話させてあげましょう。
男性はテンポの良い相槌で気分を良くして話をたくさんしてくれますから、自分から話題探しをしなくて良いのもメリット。
基本はパパの話を聞く、合間に相槌を適度に打つ、ということを徹底すると良いでしょう。

リアクションは大げさなくらいがちょうど良い

相槌だけでなくリアクションも大きめにすると良いでしょう。
リアクションをしっかり取ると「話を真面目に聞いてくれている」という印象を与えられるからです。
例えば「すごい!」という相槌を打つ時、口だけでなくちょっと前のめりになるとか、目を見開いてみるとか表情や動作も工夫してみましょう。
自分の話を真剣に聞いてくれる相手には心を開きやすくなるので、パパの心を掴む効果も期待できます。
パパの話を聞くときはリアクション大き目に、を心がけましょう。

知識をひけらかさないこと

また会話の上で知識をひけらかしたり、知ったかぶりをしたりするのもやめましょう。
話題の中に自分が知っているジャンルが出てきたからと言って、パパの話を遮って知識をひけらかすのはNG。
知らない話をかしこぶって知っているふりをするのもやめましょう。
P活に限らず男性は女性に尊敬されたいものですから、「そうなんだ!知らなかった」と知らないふりをしてあげるくらいでちょうど良いのです。
会話においては知識をひけらかさずに一歩引いた態度で男性を立てるようにしましょう。

自分から話題を振る時はパパについて質問をしていく

パパとの話題がつき手間が空いた時は、会話に出てきたキーワードを深掘りしてパパに質問をしてみましょう。
またパパが元々無口な時も、なるべく相手の話題に触れて「女性の好み」「趣味や関心」などについて聞いてみるのがオススメ。
「〜さんは休みの日は何をするのが好き?」「お酒はどんなものを飲むの?」などなんでも構いません。
自分について知りたがる=自分に関心を持っているということなので、パパも嬉しいと感じるでしょう。
パパに何か話題を振る時は、相手のことについて質問をしてみてくださいね。

自分の目標や努力していることを話すと応援してもらいやすい

自分から話題を提供するときは、自分の目標や努力していることを相談形式で話すと良いでしょう。
男性は女性と比較してヒーロー願望が強いと言われていて、頼られると相手のことを助けてあげたい!と強く思うようです。
相談されたことでなんとかしてあなたを助けてあげたいと思いますから、経済的なサポートだけでなく人脈面などでも協力を得られる可能性もあります。
自分について話をするときは、叶えたい目標や努力していることについて話をしてみましょう。

まとめ

会話が弾むとパパからの好感度も上がり、サポートも受けやすくなります。
今回紹介したテクニックを使用すれば、パパとの会話が弾みやすくなるでしょう。
パパの話をしっかり聞いて気持ちよく話させてあげて、最大限のサポートを受け取ってくださいね。