P活をしていて「自分のもらっているお小遣いって相場と比べてどうなんだろう?」と気になりませんか?
もしも相場より安ければ契約内容を見直したり、新しいパパを探すなどの手段も探したいですよね。
この記事ではP活の相場、そして仮に相場よりもP活でもらえるお小遣いが安かった場合の対応方法をお伝えします。
P活の相場に悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

P活でもらえるお小遣いの相場は?

まずは世間的にP活のお小遣いがどのくらいの相場なのかを解説していきます。
P活の内容によって相場が変わるので、下記のパターンに分けてリサーチしました。
・食事のみ
・映画などのデート
・体の関係ありの場合

自分が日頃からもらっているお小遣いの金額を計算して相場と比較してみましょう。

食事のみ

食事のみのデートの場合は一度に5,000円〜10,000円程度が相場のようです。
食事にかかる代金はパパが支払うことが多いので、食事代+お小遣いということで上記のような金額になっています。
だいたい2時間程度で食事デートが終了することが多く、時給換算すると2,500円〜5,000円程度です。

映画などのデート

映画など休日を1日使ってのデートの相場は10,000〜20,000円程度が相場です。
昼間にお店が開いている時間ならお小遣いプラスお買い物デートでプレゼントをもらっている女性もいます。
休日を使ってのデートということで食事デートよりも金額が高くなります。
だいたい半日程度の時間を一緒に過ごすことになるので、時給は3,000円〜5,000円程度になるでしょう。

体の関係ありの場合

体の関係がある場合の相場は20,000円〜60,000円程度が相場のようです。
また体の関係を持つにあたって月極めででお小遣いをもらっている女性もいるようです。
月極めの契約の金額は100,000円〜300,000円程度でパパの経済状況や体の関係を持つ頻度によって金額が変わります。
体の関係を持つことで生じるデメリットもあるのでおすすめはできませんが、一番金額が高いのは体の関係があるP活のようです。

P活でもらえるお小遣いが相場より低い場合の対処法

P活でもらえるお小遣いが相場よりも低い場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか。
それには2つの方法があります。
パパの懐事情などを総合的に判断してみて、相場以上のお小遣いをもらえるようにしてみましょう。

パパに思い切ってお小遣いの相談をしてみる

パパに思い切ってお小遣いの相談をするのも手段の1つです。
ただしパパが経済的に余裕があること、あなたとの関係が良好であることが前提。
「目標に対しての貯金がなかなかうまくいかなくって」「奨学金の返済もあるから生活が厳しい」など正直に理由を話してみましょう。
パパがあなたを大事に思っているのであれば、お小遣いの金額をふやしてくれるはず。
男性もP活の相場を知らない可能性もあるので、勇気を出して正直に金額の交渉をするのも良いでしょう。

新しいパパを探す

現在のパパにこだわらずに新しいパパを探すのも良いでしょう。
デートクラブなどで上質で経済的にも裕福なパパを探せば、よりお小遣いをくれるパパを見つけられる可能性があります。
今のパパとの関係は継続しつつ、他のパパから声が書けるようにプロフィールや自己紹介文を充実させてみましょう。
新しいパパがよりお小遣いをくれるようなら乗り換えても良いですし、並行して会うこともできます。
今のパパにお金の交渉がしづらいのであれば新しいパパを探すのも手段の1つです。

まとめ

P活のお小遣い相場をまとめてみました。
2019年最新版の相場なので、もしも相場よりもお小遣いが安いならこの記事で紹介した方法でお小遣い交渉をするか新しいパパを探してみると良いでしょう。
効率的に夢や目標を叶えるためにも、しっかりとお小遣い相場を把握してよりお小遣いがもらえるように対策してみてくださいね。