ヤリ手パパ活女子の特徴を分析してみました。
稼ぐ人だけがやっているポイントとは…?
今回は前篇・後編に渡ってご紹介させていただきます。

しっかり計算系パパ活女子

男を上手に転がすヤリ手パパ活女子は、大きく2つの特徴に分かれます。
その2つとは、「しっかり計算系」と「おっとり系」です。

当然人それぞれに性格が色々ですから、その2種類の中でも様々なタイプに細分化することはもちろんですが、ざっくりと分けるとこの2種類に分類されます。

あなたはどちらかと言えば2種類のどちらに当てはまるか、考えてみてください。
本当にざっくりとした分類ですから、多分すぐにわかると思いますが(笑)
それぞれに強みがありますが、弱点も存在しますので、ご自身を振り返ってみてください。

しっかり計算系パパ活女子

まず、しっかり計算系とは「考えて行動している」人のことです。
つまり、パパ活で収入を得るために、自分をプロデュースしたり、スケジュールを立てたり、顧客管理をしたり、対応マニュアルを作ったりする人です。
人によって程度の差はありますが、皆きっちりと管理や準備を怠ることなく計画的です。

私は完全にこのタイプで、「どの男をどう回すか」ということばかり考えていました。
先回りして考え予測し、どう対応するとスムーズに回るかシミュレーションし、効率性を求めていました。

しっかり計算系の弱点

強みはそれぞれにたくさんありますが、あえて弱点を見ていきましょう。

計算系の人は、こんな状況の時にイラっと来がちです。
・予定通りにいかない時
・「行動=収入」にならなかった時

先を見据えて予定を立てることはすごく良いことなのですが、しかし予定はあくまでも予定です。相手あってこそのパパ活ですし、予定通りにいかないことがあって当然なのです。
予定が変わったとしても、「そういうこともあるさ、仕方ない」と諦めるようにしてください。怒ったところで状況は変わりませんし、予定が変わったことでイラつきをパパに向けて態度に出したりするのは、結果損をします。
あなたも、いつ体調不良で会えなくなるかわかりませんもんね。「予定はあくまでも予定よね。また考えたらいいわ。状況も逐一変わるし」とゆったり構えることが大切です。

しっかり計算系の方は、ズバリお金の損得勘定で考えるクセが付いている可能性があります。
つまり、パパと会って報酬が得られなければ「せっかく食事に行ったのに!向こうは奢ってあげたってことで満足したみたいだけど、私はオッサンとタダメシでも苦痛だわ!」と怒り狂ってしまうんですね。まあ私のことなんですけど(笑)

でも、こういうことでいちいち起こっていては、そもそもパパ活という活動はできません。
仕事でも何でもそうですが、「ロス」というものは必ず発生します。ロスがなく仕事を進めようとすると、自分も周囲もしんどくなってしまうのは、想像しやすいかと思います。
ロスは嫌なものですが、人間である以上一定の割合で発生すると諦めてください。

次にご紹介するおっとり系のパパ活女子は、例え食事でお手当てがもらえなくても「まあゴハン食べれたし。その分次に上乗せしちゃおう♪」と捉えたりします。

おっとり系パパ活女子

一方おっとり系の人は、「ほとんど考えて行動していない」人です。
考えていないというと何だか失礼な表現になりますが、つまりはフィーリングで動いているということです。思いついたまま、気分で行動を決めます。

しっかり計算系の女性からすると、計画性がなくて行動自体も矛盾していて「どうしてそうなるの!」とツッコミたくなるのですが、でも稼ぐことができるんですよね…。
これは、天性の魔性を持つ人ですから、パパ活やお水で稼ぐのは大得意で天職とも言えます。

おっとり系パパ活女子は、しっかり計算系の女性よりもそもそも男性が好き、ということも多いです。
男性が好きだし、男性がいないと生きていけないため、求めています。
それが男性側にも伝わるのかもしれませんね。

続きは後編で見てまいりましょう!