P活をしていてパパが自分に本気になってしまうこともあります。
独身パパ、既婚者パパに限らず交際を迫られて困ってしまうことも。
そこでこの記事ではP活でパパに付き合ってと言われた時の回避方法を紹介します。
パパにガチ恋されて困っている方、またはガチ恋されないように予防線を張りたい方は是非参考にしてみて下さいね。

パパに付き合ってと言われた時の回避方法

パパに付き合ってと言われた時に回避方法は3つあります。
自分がパパに対して演じているキャラにもよりますので、不自然ではない方法を選びましょう。
・冗談にしてごまかす
・しつこい場合はお金が必要であることをアピール
・はっきりと断る

それではそれぞれの方法について見ていきましょう。

冗談にしてごまかす

パパから「付き合って」と言われたら冗談で笑い飛ばして流してしまうのも手段の1つです。
「またまた〜!今までの女の子にも同じこと言ってたんじゃないの〜?」なんて明るく受け流すのです。
冗談だと思われてしまうと男性もそれ以上しつこく言いづらくなりますし、変に真に受けているリアクションを取るより空気が悪くなりません。
とりあえずパパから告白されたら笑い飛ばしてみましょう。

しつこい場合はお金が必要であることをアピール

笑い飛ばしても「真剣なんだ」などと言われる場合は、お金が必要だと言うことをアピールしましょう。
「私は今は目標のために貯金しているから、正直お手当てがなくなると困る」ということをはっきり伝えるのです。
もしも今体の関係込みで契約をしているなら、パパは安くエッチをしたいと考えている可能性もあります。
はっきりと付き合ってからもお金が必要であること、今はお小遣いがないと経済的にきついとアピールしましょう。

はっきりと断る

デートのたびやメールの中でもかなりしつこく付き合ってと言ってくる場合は、はっきりと付き合う意思がないと伝えましょう。
だいたいガチ恋になったパパは脈なしとわかると関係が切れる可能性が高いので、切り替えて次に行く方がおすすめです。
「尊敬できる方だけど、男性としてお付き合いをする気はない」とはっきり伝えれば相手から諦めてくれるはず。
中途半端に気を持たせてストーカーなどになると面倒なので、きっぱりと断ることも重要です。

パパにガチ恋されないための対処法

パパにガチ恋されないために事前に予防線を張っておくこともできます。
告白されるとパパを失うリスクもありますし、断るにも揉めると面倒ですよね?
パパが告白してくると言うこと自体を避けて、面倒ごとを減らしておきましょう。

一線を引いておく

パパ活において一線を引いてお付き合いしておけば、男性にそれ以上の関係を求めづらい雰囲気を作れます。
例えば敬語を崩さないこと、必要以上にパパのお願いを聞かないことを徹底するのです。
あくまでもP活でデートしていることを自覚させれば、ガチ恋になる可能性を下げられるでしょう。

彼氏は欲しくないと言うことをアピールしておく

また彼氏が欲しくないと言うことをアピールしておくのも効果的です。
P活をしている男性はある程度社会的な地位もあり、プライドの高い男性も多いのでフラれることを前提で告白してこない人が多いのです。
そのため「今は恋愛よりも夢が大事だから彼氏はいらない」「男性恐怖症だから交際は怖い」などと伝えておくと、告白しづらい空気を演出できるでしょう。
事前にガチ恋にならないために、彼氏がいらないことをさりげなく伝えておきましょう。

まとめ

P活において告白された時の対処法を知っておくことは重要です。
きちんと対処ができないと男性に勘違いをさせてしまい、ストーカーになってしまうことも考えられます。
自衛の手段としても日頃から予防線をはる、また付き合ってと言われたら適切な対処をするようにしてください。
P活をできるだけ長く続けて夢や目標を叶えるために、自衛として告白への対処法を覚えておきましょう!