初めてP活をする際は不安がつきものですよね?
P活はお食事やデートの対価としてお小遣いをもらえる魅力的なものである反面、いくつか注意をしないとうまくお小遣いに結びつかなかったり、危険な目にあうこともあります。
この記事ではP活初心者の方に役立つ注意点を解説しています。
ぜひ最後まで読んで初めてのP活に役立ててくださいね!

初めてのP活で注意しておきたい5つのポイント

それでは初めてのP活で注意しておきたい5つのポイントをお伝えします。
しっかりと覚えておけばPかつで損をしたり、危険な目にあうことを回避することが可能です。
初めてのP活に挑む前にしっかりチェックしておきましょう!

初回のお小遣いは先払いにしておく

初回のお小遣いは先払いにしておいたほうが無難です。
初めてのデートについてメッセージなどでやり取りする際に、前払いでお願いしたいと伝えておきましょう。
お互いの人となりを知らない状態でのデートでは、きちんとデート後にお小遣いがもらえるかヤキモキしてしまいがち。
「いつお小遣いもらえるのかな」なんてソワソワしているとパパを楽しませることができません!
最初だけ先払いにしてほしい、とお願いして不安なく顔合わせができるようにしておきましょう。

顔合わせは個室はNG

顔合わせ、またパパが信頼できるとわかるまでは個室でーとは避けましょう。
初回からカラオケで会いたいなどといってくる場合は体目当ての可能性があります。
初めてのデートはホテルのラウンジや喫茶店など人目のあるところを選ぶようにしてください。
P活で怖い思いをせずに自分の身を守るためにもぜひデートの場所は熟考してくださいね。

初回は2時間程度で解散の流れに

顔合わせはお食事で2時間程度が相場です。
男性も楽しくて時間を忘れてしまうようなこともありますが、初回は2時間程度のちょっと物足りないくらいで切り上げるのがベスト。
最初のデートは男性に「もっと会いたいな」と思わせるくらいで切り上げると、次のデートへのお誘いをもらいやすいからです。
またあまりにデートが長くなって終電を逃してしまうと、ホテルに誘われたりと気まずい状況に陥ることもあります。
素敵なパパに出会えたとしても、その後の関係をより良くするために2時間程度で切り上げましょう。

体目的の提案は断ってOK

体の関係込みのP活だと確かに報酬は良いのですが、気が進まない場合は断りましょう。
厳密に言うと体の関係の対価にお金をもらうことは個人間であれば売春行為には当たりません。
しかし相手が既婚者の場合は不貞行為になり、不倫がバレた際に慰謝料請求をされる可能性もあります。
また自分で気が進まないのに流されてしまうと後から後悔することも。
最初から体の関係込みで、などという提案をしてくるパパは切って、次のパパを探すのも良いでしょう。

お礼メールはしっかり送る

初回にかかわらずお礼のメールは相手よりも先に送るようにしましょう。
P活はあなたの時間を対価にパパからお手当てをもらうお仕事、感謝の気持ちを表さないと援助したいという気持ちになれません。
デートの最後にお礼を言うのはもちろん、メールでも「今日はありがとうございました。」という気持ちを伝えましょう。
感謝の気持ちを忘れると男性側も面白くないもの。
常に援助をしてくれる男性に感謝を忘れないこと、それをメールや言葉でしっかりと表現するようにしてくださいね。

まとめ

初めてのP活で注意しておきたいポイントを紹介しました。
この5つに注意をすれば安心で気持ちよくP活をする事が可能です。
P活は慣れるまで気を使って大変かもしれませんが、気を許せる素敵なパパを見つければ経済的にも気持ち的にもプラスになります。
ぜひこの記事の内容を意識しながらP活をして、楽しくお小遣いをゲットしちゃいましょう!