自分の思い通りにならなかったりして、パパにイライラしていませんか?
今回はパパにイラッとした時の対応方法をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

怒った時のメリットを考える

私がパパ活を行う上で、常に念頭に置いてきたことがあります。それが、パパ活をスムーズに進めるには、ある程度仕事と割り切る」ということです。

パパ活は、自分1人で行うため、どうしても感情的な行動を取りやすいです。加えて、パパ活という性質上、自分を値踏みされたり失礼なことを言われたりすることもあるため、感情が揺さぶられやすいのです。

もちろん感情のままに動くことができるという点は、パパ活の良いところでもあります。仕事のように上司や先輩の目を気にしてガマンすることはなく、自分の思うまま自由に行動を選択できます。
要するに、気兼ねなくお金儲けができる、ということですね。

ただし、感情的になるのは、良いことだけを呼ぶ訳ではありません。
自分の中に沸き起こる感情のまま行動することにより、パパ活において大きな損失を出してしまうことだって大いにあります。
私自身後悔することはあまり無い方なのですが、しかし「あの時もう少し穏やかな気持ちでいたら、もっとパパに気に入られていただろうに…。なんでああいう風にしかできなかったんだろう」と、効率的に考えるとダメな行動だったなと反省することもありました。

そこで、ムカッ!と来た時に、まず頭の中で「怒るとメリットがあるかどうか?」と仕分けすることをオススメします。
「コイツ、なんでこんなこと言うんだろ…腹立つなあ。でも、ここで怒ったとして、どうなる?メリットはある?」と先の展開を想像するのです。

あなたの怒りはもっともなのですが、パパ活で稼ごうとする以上、自分がこれまでしてきた努力を無駄にしないためにも、一時の怒りのまま行動に移すべきではありません。

「これだけは、怒ってでも今相手に伝えなければいけないことだ」
「ここで黙っていては自分が損をする」
と判断した場合は怒ってOKですが、一方で怒ったところで変わらないようなことや、怒るとデメリットしかないけどパパと切れたくないといった時は、怒るのを保留にしてみてください。

怒るのは、いつだってできるのです。
感情に任せて怒ると、余計なことまで言ってしまう可能性もありますし、自分の頭がクールダウンしてから効果的な言葉を考えたり、文字に起こしたりしても遅くはありません。

「怒るなら、メリットある怒り方を!」をスローガンに、あなたの得になる起こり方ができるようにしてみてください!

聞く力を付ける

ここで言う「聞く力」というのは、聞き上手的なことではありません。
「人が発した言葉その通りに受け取る」ということが、聞く力があるということになります。

つまり、あなたがパパに何か言われて怒ったとしても、それが本当に「合っている」かどうかわからないということです。
パパはそんなつもりはなく、あくまで「言葉通り」にあなたに物事を伝えたのに、あなたが勝手に想像して話を作り上げて怒っている可能性も、なくはないのです。

女性って、結構こういう面がありますよね?想像だけで勝手に言葉以上のことを考えてしまい、話がこじれるというのは男女関係のあるあるではないでしょうか。

パパ活やナイトワークをしていると、常に言葉の裏の本心を、少しでも読み取ろうとするクセが付いてしまいがちです。
そのクセのため、変な誤解が生まれているのだったら、それは本心を読み取って良い方向に持っていこうとする意図とは真逆になってしまいます。

怒る前に、相手の言葉から無用な憶測をしていないかチェックすることは、重要だと思います。

後編に続きます!