パパ活を始める際に気になるのが「いつお小遣いをもらえばいいの?」ということだと思います。
実はパパ活には都度払いをしている人、月払いにしている人の2パターンがあり、それぞれにメリットとデメリットが。
この記事ではそれぞれの支払い方法のメリットとデメリットを解説していきます。
パパ活のお小遣いの支払い方法が気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パパ活のお小遣いのもらい方は都度と月に一度どっちがお得?

パパ活を始めるときに迷うのが、パパ活のお小遣いのもらい方です。
パパ活をしている女性にリサーチしたところ、都度払いと月払いの2つのパターンが多いよう。
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみたので、今後のパパ活のお小遣いのもらい方を考えてみてください。

都度払いのメリット

デートのたびにその日のお手当てをもらう都度払いのメリットは、取りっぱぐれる心配が少ないことでしょう。
毎回会うたびにお小遣いをもらえるので安心してパパ活できます。
都度払いのタイミングは、信頼関係ができているパパならデートの最後に「今日の分」と渡してくれることが多いです。

また都度払いなら定期的にパパと会わなくても、隙間時間でちょこっとパパと会ってお手当てをもらうことができます。
契約に縛られずにお互いに都合が合う時にだけ会ってデートする、という自由なパパ活ができます。

都度払いのデメリット

都度払いのデメリットは、お小遣いを受け取るまで落ち着かないことです。
特に最初のうちはお小遣いをいつもらえるか気になってしまい、デート中にもそわそわしてしまうことも。
デートの終わりに受け取るパターンが多いですが、気になる人はデートで待ち合わせをした時点などで受け取るようにパパにお願いしてみると良いでしょう。
また顔合わせデートなどでは、デート後ではなく前払いでお小遣いをもらっておくのがオススメ。
稀に食事中にトイレに行くふりをしてにげ、お小遣いを払わずに帰ってしまうパパがいます。
お小遣いを都度払いしてもらうと、お小遣いを受け取るまで安心できないのがデメリットです。

また会わないとお小遣いをもらえないので、体調が悪くなってデートをドタキャンしてしまうと手当てがもらえません。
定期的にパパに会わないとお金が入ってこないのもデメリットの1つです。

月払いのメリット

次に月払いのメリットは、まとまったお金を受け取れるので管理がしやすいことです。
体の関係ありで30万円など、契約内容によっては会社員の給料程度のお金を受け取ることができます。
都度払いだとしっかり管理しないと使ってしまう、という人はまとめてお給料のように受け取った方が管理が簡単です。
また体調不良などでパパと会えなくなっても、定額が受け取れるのでもらえるお小遣いが減らないのもメリットと言えるでしょう。

月払いのデメリット

月払いのデメリットは、後払いにされて支払いが滞る可能性があることです。
パパとの契約を月末払いにしてしまうと、その月のデートを4回こなすまでお小遣いが入ってきません。
月末にきちんと支払われるかどうかという不安もあるため、出会ったばかりのパパと月払いの契約を結ぶのは少し不安があるでしょう。

また月払いの場合は大体月に何回のデートでいくら、と金額を決めているのでパパに会うのが義務になります。
友達との予定が入った場合も断りづらくなるので、やや拘束されているような気持ちになるでしょう。

まとめ

都度払いと月払い、どちらにもメリットとデメリットがあります。
都度払いは、隙間時間でパパ活してお小遣いをもらいたいという方向き。
月払いは、きちんと手当の金額や内容を決めてガッツリとまとめて稼ぎたい方向きと言えるでしょう。
どちらにもデメリットはありますが、パパとの信頼関係などを見定めて二人で話し合って支払い方法を決めましょう。

パパとの信頼関係がまだできていない場合は前払い、信頼することができたら後払いに変えても良いでしょう。
どちらがお得かはパパ活のスタイルにもよりますから、自分のやりやすいようにお小遣いをもらう方法を調整してみてくださいね!