マッチングアプリやデートクラブを利用してパパ活をする際に意識したいのが、”太パパ”と呼ばれる男性とマッチングすること。
太パパと出会うのは、運ではありません。マッチングアプリやサイト、デートクラブのプロフィール欄を充実させるだけで、確実に太パパに出会う確率が上がります。
そこで今回は、太パパに好かれるパパ活プロフィールの書き方についてご紹介します。

太パパに好かれるにはこれが絶対マスト!プロフィール欄に書いておいたほうが良いアピールポイント

1簡単な自己紹介

まずは自分のことを知ってもらえるような情報をたくさん書きましょう。プロフィール欄は第一印象を左右する大切なものです。自分がどんな人柄で、何をしているのかできる範囲でプロフィールに記載してみてください。

2将来の夢などについて努力していることを記載する

太パパに共通して言えるのは、頑張っている女の子を支援したいということ。
パパ活女子の夢や努力していることを知ると、より応援したくなるらしいのです。
そのため、夢や努力していることをプロフィール欄でアピールするといいでしょう。

・海外留学したくて、英語の勉強と貯金のためのアルバイトを頑張っています!
・モデルになりたいので、レッスンと空いた時間のアルバイトを両立させています。

などなど、見たパパが「この子のことを応援してあげたいなぁ」と思わせるようなことを書くと、太パパからアプローチを受けやすくなりますよ。

3ウブな感じを少しだけ演出…

人にもよりますが、大体のパパは、パパ活慣れしているパパ活女子よりもウブでパパ活素人の女の子を好みます。

・初めてでわからないことだらけですが、優しくサポートしてください!

と書くだけで、「この子はパパ活にあまり慣れていないのかな?」とパパに感じさせることができますし、万が一なにかミスをしても大目に見てくれることが多いです。

※ただ、ここで注意しておきたいのがパパ活慣れしていない素人を狙った悪だくみをしている男性もいるということ。相場よりも高いお手当をあげると言ってきたり、「ほとんどのパパ活している女の子がカラダの関係もしているよ?」などとカラダの関係を求めてきたりする男性に注意しましょう。

4人生経験の豊富な”大人”に憧れていることをアピール

パパは、若い女性に自分の知識を話したり、経験したこと無いような場所に連れて行ってあげたいという気持ちが強くあります。パパ活がお金を稼ぐ目的であったり、欲しい物を買ってもらいたいからという理由であっても、そういった表現を抑えて以下のようなアピールをすると、より好印象になりますよ。

・大人の男性の意見を知りたい!
・いろんな経験をして、将来に活かしたい!

是非プロフィール欄にこのようなオトナの男性としか出来ない体験をしてみたい!と書いてみてください。

こんなことを書いていない?太パパに好かれないNGな表現

「プロフィールはきちんと書いているはずだけど、パパになってくれる男性から全然連絡が来ない…」というパパ活女子の方は、まず自分のプロフィール欄を見返してみてください。もしかすると、パパに好まれないNGな表現をしているかもしれません。パパにマイナスの印象を与える可能性のある表現は、以下の通りです。

・ハゲ、デブは無理
・契約のみ
・太パパになってくれる人連絡ください
・カラダの関係はプラス○○万円
・お手当たくさんくれる人じゃないと会いません

などといった、いかにもパパ活慣れしてそうで自分の要求ばかり載せている無愛想なイメージが浮かんでくる女の子のプロフィール欄は、パパからのイメージダウンに。実際にそう思っていても、素直に書きすぎるとせっかくのパパからのアプローチチャンスを逃してしまうかもしれません。

まとめ

若い女の子と楽しくて素敵な時間を過ごしたいと思っている太パパに好かれるためには、「この子とデートしたら楽しそう!」と思わせるプロフィール作りが重要です。太パパからたくさんアプローチを受けたい!と思っているパパ活女子は、是非参考にしてみてくださいね。