「サイトに登録をしたけど男性からアクションがない」
「自己紹介の文章って何を書けば良いの?」

サイトを利用してパパ活を始める場合に最初にぶつかる悩みですよね。
プロフィール写真が素敵な写りでも、自己紹介文が適当だと質の良い男性に出会える確率が下がってしまいます。
そこでこの記事では男性の目に止まりやすいプロフィールの作り方を例文付きで解説。
この記事を読み終わったらすぐに自己紹介文作りに取り掛かってみてくださいね!

パパ活の自己紹介文で必須の項目はこれ!

気前の良い太いパパを捕まえるには、まずはサイトで男性の興味をくすぐらなければなりません。
プロフィール写真を見て気に入っても、文章的に「合わなそうだな」と思われると相手からアクションを起こしてもらえないからです。
まず必ず載せておきたい情報はこちらの4つ。
・サイトに登録した(パパ活を始めた理由)
・職業
・どんな相手を希望しているのか、大人の関係を望んでいるかどうか
・いつ、どこでデートができるのか

この情報の中に、今から紹介するパパの心をくすぐるテクニックを加えて書いていきましょう。
たまに嘘のプロフィールを設定して書く女性がいますが、後から嘘がバレてしまう可能性が高いのでオススメはできません。
余計なことは書かなくて良いので、実際のプロフィールを曖昧にぼやかすイメージで書いてください。
この4つの情報が自己紹介文の骨組みになるので、まずはこの項目を考えてみましょう。

太パパに効果的にアピールできる自己紹介文のプラスαテクニック

骨組みが出来たら、次は男性から「この子を支援してあげたい!」と思われるように文章に肉付けしていきます。
今から紹介する3つのテクニックを取り入れて、太パパを捕まえられるプロフィールを作りましょう。

パパ活初心者です感

基本的に太いパパは素人を好む傾向にあり、パパ活慣れしている女性を好みません。
プロの女性ならキャバクラやクラブに行けば会えるからです。
そのため初々しさが重要で、仮にパパ活を何度もしているとしてもあえてそれを書かない方が良いでしょう。

【NG例文】
何度もパパ活しているので、割り切りは得意です!会話も上手いと前のパパからも評判でした。【OK例文】
まだ不慣れなのですが、一生懸命楽しい時間を過ごせるように努力します。よろしくお願いします。

まだ不慣れ、と書いていますがパパ活に不慣れとは書いていないので初心者ではない場合も嘘にはなりません。
サイトに不慣れ、という可能性もあります。

男性に「自分の手で女性を成長させていく」という楽しみを感じさせられる初々しさを演出しましょう。

相手に合わせる努力の姿勢を見せる

太パパは特に経営者や会社でも部長など役職者が多いので忙しいです。
パパの空いた時間に合わせてくれる女性でないと物理的にデートが難しいことも。

そこでいつ、どこでデートができるのかという項目については以下のように書きましょう。
あなたがOLをしていて東京に在住しているという設定です。

【例文】
住居は東京なので、都内であればデートに出かけられます!
職業はOLで定時退社できるので、時間や場所も前もって教えていただければ合わせるようにしたいです。

このように書いておけば、柔軟に待ち合わせや会うタイミングを決められるのでパパとしてもお誘いしやすいでしょう。
また自分に合わせてくれるタイプ、という健気さも同時にアピールできます。

夢や目標に向かって頑張っている

サイトに登録した、パパ活を始めた理由については夢や目標のためと書くのが効果的です。
1つのゴールに向けて頑張っている人は、それだけでキラキラ輝いて見えますよね。
パパ活をする男性の「女性を支援して、夢を叶える手助けをしてあげたい」という心理うまくくすぐれば、足長おじさんのようにあなたの夢を叶える手伝いをしてもらえる可能性が高くなります。

【例文】
日本の企業に就職しましたが、海外留学をしたいという夢を諦められず日々お金を貯めています。
独学ではありますが英語の勉強をしたりしています。
海外に詳しい方や留学の経験のある男性と出会えたらとっても嬉しいです。

このようになんのためにサイトに登録をしているのかを明確に書いて見てください。
日々努力していることがあれば具体的に記述しておくと「毎日頑張ってるんだ」ということが伝わりやすいです。

純粋にお小遣い稼ぎがしたい、という場合はオブラートに包んで「趣味のためにお金を使いたい」などと書くと良いでしょう。

まとめ

夢や目標を叶えるためのパパ活の第一歩は自己紹介文でパパの目に止まること!
今回は男性心理をくすぐるためのテクニックと例文を紹介しました。
ぜひ参考にして、素敵なパパと出会えるプロフィールを作成してみてくださいね。