最近、身体の関係ありで月極契約をしているのにお小遣いは月2万円など度を超えた安さで契約をする激安パパ活女子が増えています。

パパ活女子がP活を始める理由のほとんどは“夢のためのお金”となっていますので、この条件だとコスパがあまりにも悪すぎますし、仮にパパからこの金額で契約を持ちかけられてもお断りするのが普通ですよね…。

にも関わらずパパと激安契約を結んでしまう安売りパパ活女子が増加している理由と安すぎる契約を避ける方法を紹介していきます。

パパと激安契約を結ぶ安売りパパ活女子の基準は?

まず、激安パパ活女子とは身体ありのP活なのに1回1万円以下など明らかに相場を下回る金額でP活をしてしまっているパパ活女子の事を指しています。

【パパ活】私のカラダっていくら?大人の関係の相場って?の記事でも紹介した通り身体の関係ありのP活はP活をする場所によって相場が大きく変わるのですが…そのP活の場で定められている相場の半額以下でP活をしている女子は自分を安売りしてしまっている激安パパ活女子だといえるでしょう。

激安パパ活女子が増加中の理由

明らかに安い金額でP活をする激安パパ活女子が増加した理由として、【P活の大衆化】が挙げられます。

P活はかつて富裕層の男性とごく一部の女性のみが知っていたマイナーな言葉だったですが、今やP活という言葉は世間に広く浸透し、平均年収を下回る経済的に豊かではない男性までが風俗感覚でパパになろうとP活に名乗りを上げるようになりました。

その結果P活という言葉を知ったばかりの一般女性P活女子がそういった男性に引っかかり、貧乏パパが何とか捻出したお金と引き換えにP活をさせられるようになってしまっているようです。

また、パパ活女子を名乗る違法業者の出現で価格競争をせざるを得ない場所も多く出てきており、「ちょっとでも早くお金が欲しい!」という切羽詰まった女性がそういった場所で安易に希望お小遣い額を引き下げたP活をしてしまっているのも原因の1つとなっているようでした。

お小遣いが安すぎる激安P活契約を避ける方法
パパ活女子が安すぎる契約を避け、激安パパ活女子にならないようにする方法として
・経済的に豊かな男性しか入れないP活の場でP活をする
・価格競争が激しい場所でP活をしない
・『安すぎる契約を持ちかけてくるパパは例外なく大外れ』と知っておく

というものがあります。

月2万円など明らかに安すぎる金額でパパ活女子に月極契約を持ちかけるのは経済的な余裕がなく、それ以上の金額を出せない貧乏パパである場合がほとんどです。

ですから、高額なセッティング料や年会費などを払うことが出来なければ入会出来ないデートクラブや利用料の高いP活サイトなど貧乏パパでは入る事の出来ないP活の場でP活をすれば安すぎる契約を持ちかけられる可能性を一気に減らすことが出来るでしょう。

さらにネットなどで『ここのパパ活女子側はどれくらいの値段でP活のオファーを受けているのか?』といった情報がほとんど出ていない非大衆的な場所を選べば価格競争も無く、無理な値下げをする必要もありませんから相場~相場以上の条件で契約を結ぶことが出来るようになってきます。

激安契約を希望するパパは何とかしてその値段でパパ活女子を納得させようと様々な理屈や感情操作でパパ活女子に安売りをさせてこようときますので、安すぎる契約を持ちかけてくるパパはパパ活女子にとって大外れでしかないと意識し、キチンとした当たりのパパを探せるよう契約の断り方を知っておくのもオススメですよ。

まとめ

仮に月2万円で月極契約をし、その後週に1回パパと会って身体の関係を持ったとするとそのパパ活女子は1回5000円でパパに身体を許してしまったということになります。

この額は単発パパを探した方が遥かに良いと断言できる金額ですし、『自分を安売りした』という事実は精神衛生的にも非常に良くありません。

パパと契約をする時はコスパの事もしっかり考え、夢に近づく近道としてP活を利用できるようしっかりと条件を考えるようにしていきたいですね♪