デートクラブ・P活サイト・マッチングアプリなどP活の場には様々なものがありますが、最近P活の場として“既婚者合コン”という場を選ぶパパ活女子が増加傾向にあるようです。

そこで、既婚者合コンでP活をする時のやり方や注意点などを3つ紹介していきます。

既婚者合コンとは?

既婚者合コンとは言葉の通り既婚者の男女が出会いを求めて開く飲み会の事で、P活界隈ではその中でも“既婚者サークル”と呼ばれる団体が開催するハイスペックな男性と既婚女性との出会いをサポートする飲み会がそう呼ばれるようになっています。

P活の世界で言われる既婚者合コンでは男性側に
『年収○○万円以上の男性のみ』
『ブラックカード保持者のみ』
『士業または経営者、一部上場企業勤務の男性のみ』

といった参加条件が課されている場合が多く、女性は1度参加するだけで一気に複数人のハイスペック男性と知り合えるようになっているのが特徴ですね。

普通の合コンは夕方以降の開催になっている事がほとんどですが、既婚者合コンは主婦でも参加しやすいようランチ時間帯に行う事も多いようです。

また、合コンといっても中身は街コンに近く、決まった時間ごとに席替えをして男性全員と話が出来る仕組みになっているようでした。

既婚者合コンでP活をする方法

既婚者合コンでP活をしているパパ活女子はまずパパにしたい既婚者男性が集まりやすい合コンに参加申請を出し、そこでパパにしたい既婚者男性を見つけて連絡先を交換します。

その後2次会または次回のデートで条件の交渉をし、手当や条件を決めてP活を始めるのが一般的となっているようです。

既婚者合コンと同じくハイスペックな男性とだけ出会えるP活の場としてデートクラブが挙げられますが、こことの大きな違いは“女性側もお金を払う必要がある”という事でしょう。

デートクラブは女性にお金を請求することは無いですが、既婚者合コンは1回辺り1500円~5000円ほどの参加費が必要となってきます。

既婚者合コンでP活をする時の注意点3つ

その1 既婚者男性の参加動機はほぼ“性欲”

デートクラブと違い、既婚者合コンに参加する男性の参加動機はほぼ『性欲を満たすため』となっています。

既婚者合コンに参加する既婚女性の参加理由は『ドキドキしたかったから』『普段会えない男性と話してみたかったから』といった精神的なものを求めての事がほとんどですが、既婚男性の参加理由は非常にシンプルなものである事がほとんどです。

既婚者合コンでP活をする場合はまずこの事を頭に入れ、上手く操縦して良い関係を築くことが出来そうな男性を選んでいくことをオススメします。

その2 お小遣いの交渉

当然ですが、既婚者合コンに来ている男性はP活をするつもりで合コンに来ていないのでP活を始める時にはお小遣いの交渉をしていく必要があります。

この時の交渉はマッチングアプリで出会った男性にするのと同じ“男性が自分から「ちょっと位なら支援できるよ」”と言える言い方をすると後々こじれないのでオススメです。

その3 良質な既婚者合コンサークルを見極める

デートクラブにも良質なものと悪質なものがあるように、既婚者合コンを開催する既婚者サークルにも良質なものと悪質なものが存在します。

悪質な既婚者サークルに入会してしまうと参加費を取られるだけで合コンが開催されなかったり、男性がサクラでいつまでもパパと出会えなかったりするので十分に気をつけたいところですね…。

さらに悪徳な既婚者サークルだと男性側のスペックが嘘であったり会場がマンションの一室でお酒に酔った複数人の男性から乱暴されそうになったという被害報告もありますので、サークルを選ぶ時はサイトや評判を十分に吟味するようにしていきましょう!

まとめ

既婚者合コンは他のP活の場と違い、男女の平均年齢層が同じ位で確実にパパ候補の男性と出会えるという特徴やメリットが存在しています。

ただし、パパ活女子側もお金を支払わなければならない・複数の女性と同時進行で比べられる・P活をスタートさせるための交渉を自分でしなければならないといったデメリットもありますので、そういったメリットデメリットを見つつ自分に合ったP活の場を探していけると良いですね♪