今回、本サイト「デートウォーカー」読者E様より『太パパと出会ってガチ恋して結婚』というテーマで体験談を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

はじめまして。私は、太パパにガチ恋して結婚した元パパ活女子です。今回は皆さんに私の体験談を共有できたらいいなと思います。”こんなパパ活女子もいるんだ”と感じていただけたら嬉しいです。

パパとの出会いはデートクラブ

私とパパの出会いはデートクラブからはじまりました。最初は他のパパと違ってガツガツしていない余裕がある印象をうけました。「なんでこんな人がパパ活してるんだろう?」と不思議に思ったくらいです。初めてデートをしたときも、それまで出会ってきたパパと違って大人しめであまり自分の話はしない人でした。でも外見は割とカッコよくて、そこでもまた「パパ活なんてしなくても相手はいるだろうに、なんでパパ活してるんだろう」と思っちゃったくらいです。そんなちょっと変わった雰囲気のパパと私のパパ活がスタートします。

都度パパから定期パパに…このあたりからパパに恋心が芽生えてしまう

デートは大体夜の食事が多かったです。デートスポットに行くことは滅多にありませんでした。一度だけ、私の誕生日にプレゼントを買いに行こうとお昼に買い物デートをしたことがあるくらいです。デートしていなくても、日常会話などのやりとりをするパパが多い中、このパパとの連絡はほとんどがデートの約束を決めるだけでした。

正直このときは楽なパパだな〜と思っていました。日常会話のやり取りを強制してくるパパもいたので…

そして、そんな変わったパパと出会って3ヶ月が過ぎたデートの時にふとこんなことを言われました。

「○○ちゃんといると、とっても落ち着ける。凄く気に入ってるし、できればもっと一緒にいる時間を増やしたい。だから定期契約にしない?」

と。私はその時何がなんだかわからずテンパってしまったのを覚えています。このパパからそんな提案をされるなんて… 月極パパはパパ活女子にとって嬉しい存在です。だから提案を受けて直ぐに定期契約について承諾しました。でもそのあたりから、この太パパには他のパパとは違う感情を抱きはじめるようになります。

定期契約になってから、パパの印象は最初の印象よりもだいぶ違って見えました。連絡は相変わらず淡白でデートの約束を決める時だけでしたが、少しずつデートを重ねるたびに、新しい彼の顔や反応を見るようになりました。
意外と何にでも笑ってくれるところ、食事が大好きで美味しそうにご飯を食べるところなど、より良く見えてくるようになりました。
そして、以前は私の話ばかりだったのが、私がパパに質問するとすらすらと答えてくれるように…!気づくとその太パパと出会って半年が経っていたことに。
デートを重ねるごとに「この人のこと好きかも」と思ってきていたし、デートから帰った後も「早く会いたいな」と恋のような感覚を抱くようになりました。

思い切って好きということを伝えてみた

そこで私は、思い切って好きということを伝えることにしました。パパにこれまでそういった感情を持ったことは無く、自分でもどうしたらいいのかわかりませんでしたが、デートを重ねる度に思いが募ってきて、、、正直な気持ちを伝えたいと思いました。正直それで気持ちを伝えたところで、二人の関係がどうなるかは全く考えていませんでした。

「正直に言うと、○○さんのこと凄く好きになっちゃいました。パパとしてというより、異性としてです。どうしていいかわからなくて、でも伝えたくて…」

と、泣きそうになりながらただただ好きだということを伝えていました。するとパパは優しく笑って、

「僕も同じ気持ちなんだ。伝えちゃダメだと思って我慢してたよ…」

と、パパも同じ気持ちだったということを知って、嬉しくて号泣したことを今でも覚えています。最初は怖かったけど、正直に好きという気持ちを伝えて良かったですし、まさかパパが彼氏になるなんて思いもしませんでした。それから交際を経て1年、パパ活という関係だった私達は結婚して夫婦になりました。

まとめ

これが私の信じられないようなリアルなパパ活体験談です。パパに恋する可能性は十分あります!他のパパ活女子の方もドキドキして楽しいパパ活ライフを過ごせたらいいなぁと思っています♪
ありがとうございました。