P活を始めるにあたり、ほとんどの女性が不安に思うのは
・パパだと思って行ってみたらサイバーポリスだったらどうしよう…
・お金が無いのにP活パパに食い逃げされたら?
・パパから無理矢理身体の関係やHな事を強要されるかも…

といった警察沙汰だと思います。

事実、P活で危険な目に遭ってしまった女性は存在しているものですし、警察沙汰に巻き込まれてP活バレしてしまった女性もそれなりに存在しているものです。

最近のサイバーポリスはJK・JCといったパパ活をしてはいけない年齢ではない女性も補導対象としていますので、P活が違法にならない年齢の女性でもサイバーポリスの方に声をかけられる可能性はあるでしょう。

そこで、サイポリ・食い逃げ・性的暴行といった警察沙汰を避け、安全にP活をする方法を3つ紹介していきます。

警察沙汰なしの安全なP活をする方法3つ

その1 18歳未満の女性は利用できない所でP活をする

まず、サイバーポリスの方々が成人のパパ活女子も補導してしまうのは『会ってみたらたまたま成人だったから』という理由に他なりません。

サイバーポリスの方々が保護したいと考えているのは未成年なのにP活をしているパパ活女子となっています。

本来成人女性がP活をするのは違法行為ではないのですが、最近はサイポリ避けのテクニックとして高校生でも「20歳のパパ活女子です!」と嘘を言ってP活をする事も多くなりましたのでプロフィールに書いている年齢関係なく警察がサイバー補導をせざるを得なくなっているのです。

会ってみて身元を確認してみたら本当に成人だったけれど、【P活=危ない事】という認識をもつ警察はそのまま帰すわけには行かずサイバー補導に移るしかないという訳ですね。

ですから、サイバーポリスの方々の保護目標である“女性である事を売りにしてしまっている未成年女子”がいない場所でP活をすればサイバーポリスの方が出てくる事はほぼありません。

警察とは無縁の安全なP活をしたいパパ活女子は未成年のパパ活女子がいない場所でP活を始めるのがオススメですよ!

その2 危険なパパからの連絡はスルー!

食い逃げや身体の関係の強要といった犯罪行為をしているパパの多くは常習犯であり、ネットなどで地雷パパとして晒されている事も多いです。

特にP活アプリやP活サイトではそういったパパが多くさらされていますので、事前にプロフィールなどを確認できる場合はアカウント名などでパパの事を検索してみるといいでしょう。

また、地雷パパやヤリモクパパなど危険なタイプのパパにはメールやLINEの時点で分かる共通点がありますので、そういったパパからの連絡をスルーするのもオススメだと言えますね。

参考→『メール・LINEだけで分かる危険なP活パパの見分け方4つ』

その3 身元がしっかりと確認される場所でP活をする

当然ですが、食い逃げやHな行為の強要といった行為をしている男性は普通のパパよりも遥かに身バレを警戒します。

ですから、危険なP活パパであればあるほど
・何回もアカウントを消して登録し直す
・身分証明の必要が無い場所で被害者となるパパ活女子を漁る
・他人の身分証明書や偽物の収入証明書などを使う

といったことをして身バレを防止している事がほとんどです。

安全なP活をしたい場合は身分証明書を直接運営側の人間に見せる必要があるなど再登録に手間がかかり、男女両方とも身元がしっかりと抑えられる場所でP活をしていく事をオススメします。

まとめ

事件に巻き込まれる事自体もそうですが、警察沙汰になってしまうとP活に対するモチベーションが一気に下がってしまうので出来るだけ避けていきたいですよね…。

食い逃げや身体の関係の強要といった警察沙汰になる行為はそういった事をするパパの方が100%悪いのですが、そういったパパのターゲットにならないためにはパパ活女子の自衛が非常に重要となってきます。

危険なパパを避けて安全なP活をするためにも対策はしっかりと練っておきたいものです♪