パパ活女子が最も会いたくないP活パパといえば
・セフレ目当てのヤリモクパパ
・食い逃げパパ
・(性的・精神的なものも含めた)暴力パパ
・ストーカーパパ
・お説教や上から目線発言だらけのウザパパ&キモパパ

といったいわゆる“地雷パパ”だと思います。

こういったパパとP活をするとそれだけで危険な目に遭いやすいですし、1度繋がったパパを切ろうとするとそれなりの手間がかかりますので出来れば出会う前に切っておきたいものですよね…。

そこで、初デート前のメールやLINEだけで分かる地雷パパの特徴や見分け方を4つ紹介していきます。

メール(LINE)だけで危険なP活パパを見分ける方法4つ

その1 専門用語をバンバン使ってくる

メールやLINEのやり取りなどで初めから『大人あり?』といった風に専門用語を使った会話をして来ようとするP活パパはパパ活女子にインスタントな手っ取り早さを求めるヤリモクパパである可能性が高いです。

P活の専門用語には色々なものがありますが、そういった用語は難しいことわざや言い回しと同じく“相手がそういった言葉を使ってきた時に言葉の意味を理解するため”だけに知っておくべきものであり、自分から進んで使うべきものではありません。

専門用語をバンバン使って会話をしようとして来るP活パパは相手を気遣う能力が足りないだけなく、かなり短いスパンでパパ活女子を交換しているヤリ捨てパパである可能性が高いので避けておくのが無難でしょう。

その2 最初からタメ口&呼び捨て

まだ会っておらず、こちらがそれを許したわけでもないのに初めからタメ口だったり呼び捨てをしてくるP活パパはストーカー気質であったり上から目線のウザパパ・キモパパである可能性が高いです。

男女間でのタメ口や呼び捨ては普通かなり親しい間柄でないと使うことは出来ないので、正しい距離感を保つことが出来ないパパやそもそも相手の敬うつもりが無いウザパパでもない限りいきなりそういった口調で呼びかけることは無いのです。

返信催促や束縛といった彼氏気取りやお説教、自分の意思や意見をないがしろにした行為などを防ぎたい場合は特に呼び捨てパパやタメ口パパを避けていくのをオススメします。

その3 ネガティブな事ばかり言ってくる

メールやLINEのやり取りやプロフィールなどで
・茶飯乞食お断り
・○○な女は業者とみなし通報します
・自分を裏切らない女性を…
・○○だけの女性には困っていないので…

といった事を書いてくる男性は精神的な余裕がなく、仮に会ったとしても貰える額以上に精神を削ってくる地雷パパである可能性が高いです。

特に最初と最後の『茶飯乞食は…』や『○○だけの女性には困っていないので…』といった言い回しを使うパパは悪い意味でプライドが高く、自分の優位を守るためならどんな事でもするタイプの男性ですから絶対に避けた方がいいでしょう。

本当そういった女性に困っていないパパはそもそもそんな言い回しをしてまでP活の場に出てくる必要はありません。

また、こういった言い回しは安い値段で一刻も早く女性とHしたいだけのヤリモクパパが頻繁に使うワードでもありますので覚えていて損は無いですよ。

その4 文章の句読点や改行が不自然

「どんな食べ物が好きですか?」「希望の条件はありますか?」「お肉は好きですか?」といったやり取りはP活パパなら誰でもしてくるものですが、こういったやり取りでも
・「どんな 食べ物が “好き”ですか?」
・「希望『条件』、は、ありますか?」
・「お肉。。。は好き、ですか …?」

というように文章の構成や句読点、改行などが明らかにおかしいパパはコミュニケーションが難しく、関係をお断りしても粘着してくる可能性が高いです。

一般的な言い回しを使えないパパは癖がありすぎる価値観から孤独である可能性も高いので、1度P活を許してしまうと常識外の事まで求めてきてストーカー化してくる可能性も高いので警戒しておきましょう。

まとめ

地雷パパを避けて安全にP活をするためにはある程度の知識が必要不可欠です。

初心者のうちはこういった地雷パパの入会を事前に弾き、身体の関係なしで会いたいなど自分のP活希望条件と合ったパパだけを紹介してくれるデートクラブやマッチング機能の高いP活サイトなどだけでP活をする方が安全かもしれませんね。

危険なP活パパは逃げられ続きで常にカモとなる女性を探していますので、絶対に引っかからないよう注意を払っておきましょう!