P活に興味がある・これからP活を始めたいといった初心者パパ活女子には不安が多く、分からない事も沢山あるかと思います。

そこで、初めてP活をするパパ活女子が持ちがちな不安や疑問を解消する初心者パパ活女子向け初めてのP活ガイドを作成しました!

P活初心者に多い疑問

Q1 パパってどこで見つかるの?

P活とは、経済的に余裕のある男性が金銭的な理由で叶えられない夢や目標を持つ女性を恋愛や身体の関係なしで支援してあげる活動のことを指しています。

ですから、初心者パパ活女子がP活を始めるにはまずこの“経済的に余裕のある男性(パパ)”を探す必要があるでしょう。

P活未経験のパパ活初心者がパパになれる男性を見つけたいという場合、一番オススメなのは“デートクラブに入会する”という探し方となっています。

デートクラブとは経済的に余裕のある男性と夢のある女性との良質な出会いをセッティングする事業団体の事で、女性の入会は無料ですが男性の入会には入会費(5万円~100万円)+セッティング料(1回辺り1万円~20万円)と高額な費用が必要である事がほとんどです。

ですから、デートクラブで紹介される男性は1回のデートのためにその金額を出すことが出来るほど経済的に余裕があり、その上で女性を支援したいという意思がある男性だということになります。

デートクラブに入会するにはデートクラブの人間と直接会って面談を受ける必要がありますが、それさえクリアすればパパになれる経済レベルを持つ男性とだけ会えるようになりますので簡単にパパを見つけることが出来るでしょう。

Q2 デートクラブってどんな人と面談するの?

デートクラブの面談では面接官またはコンシェルジュと呼ばれる専門の男性または女性と面談をする事が多いです。

最近のデートクラブは国の許可がなければ運営することが出来ませんので、内部の人間も普通の会社員で面接中に特別な事を要求される事もありません。

振る舞いや雰囲気としては企業の受付や営業マンのような明るく礼儀正しい方がほとんどでしょう。

ただし、コンシェルジュの方たちは雑談や質問の仕方などから相手の人柄やタイプを見極めるプロのエージェントです。

自社のブランドを守るためにも入会希望者が非常識な人間でないかキチンとチェックされますし、そうと分からないよう身だしなみや人柄を見ている方がほとんどなので緊張し過ぎず、でも手を抜きすぎない位の態度で接することをオススメします。

Q3 P活の相場って?

P活の相場はP活をする場所によって金額が大きく変わってくる事が多いです。

例えば“食事(お茶)のみで身体の関係なし・P活デートの時間は2時間ほど”という場合、デートクラブでは規約で『女性には交通費として1万円以上渡すこと』という風に定められていますので相場は1万円~となっています。

しかし、P活サイトやSNSだとそういった決まりはありませんし、価格競争も激しいので初回の顔合わせはお手当なし~5000円ほどが相場として言われる事がほとんどです。

この相場5000円も今後身体の関係に発展する事前提で会った時の値段である事がほとんどなので、P活アプリやSNSでは身体の関係なしが前提のP活だとお手当は0円(食事代やお茶代の奢りのみ)である場合が多いでしょう。

身体の関係アリの場合相場の上下はさらに激しく、SNSだと1万円~1.5万円、P活アプリだと2~3万円となっています。

デートクラブの場合あまりガツガツと求められる事はありませんが、仮にそういった大人のP活をした場合5万円~が相場となるようですね。

Q4 P活にはどんな人が来るの?

P活の相場と同じく、この質問もP活の場によって大きく異なる事が多いです。

まず当サイト『デートウォーカー』でオススメしているデートクラブの場合、P活をしにやって来る男性は
・年収2000万円以上
・女性と出会うために1回10万円以上のお金を出せるくらいには経済的に余裕がある
・医者、弁護士、経営者、投資家など一流士業または社会的に成功した人間
・女性をガツガツ誘えないシャイな性格
・プロではない普通の一般女性と出会いたいと思っている

というパパである事がほとんどです。

見た目に関してはいかにも!といったハデハデな成金男性は少なく、実際にP活デートをして金銭感覚の違いを実感するまでは普通のサラリーマンと見分けがつかないような男性がほとんどとなっているようでした。

また、女性との時間に“快楽”ではなく“癒し”を求める傾向が強く、落ち着いた女性を好む男性が多くなっているようです。

P活アプリやSNSのP活でやって来る男性は本当に千差万別で、それこそパチンコでたまたま小金が出来ただけの無職男性や学生~年収1000万円のサラリーマンまで様々な男性が入り乱れているようでした。

Q5 P活って犯罪じゃないの?

結論から言うと、高校生を除く18歳以上の人が行うP活は犯罪ではありません。

18歳未満の子供がP活をしてしまうと青少年保護育成条例違反・淫行条例違反・未成年者誘拐罪といった罪でパパが逮捕されますが、成人同士のP活なら“男性が好意で女性を支援している”という事になりますから犯罪にはならないのです。

身体の関係がない普通のP活なら不貞にもならず、犯罪になる事はまずありません。

身体の関係があるP活の場合売春禁止法がやり玉にあげられる事もありますが、売春禁止法が禁じているのは『対償を受け、又は受ける約束で不特定の相手方と性交すること』となっています。

ですから、仮にパパと身体の関係を持ったとしてもパパとして見極めた特定の相手としか大人の関係を築かないパパ活女子が犯罪者として逮捕されることはないのです。

ただし、SNSなど多くの人間の目に触れる場所で身体の関係を前提としたP活パパを募集した場合売春禁止法第5条で禁止されている『公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること』をしたとして犯罪になる可能性があります。

基本的にP活は犯罪ではありませんが、デートクラブの会員など特定の人間だけではなく、P活をするつもりがない人達にも見えるような形で身体の関係ありのパパを募集した時だけは犯罪になる可能性があると言えますね。

パパ活初心者が成功率を上げるためには

その1 初めてのデートのマナー

初めてのパパとP活デートをする場合、まずは待ち合わせの時間に遅刻したり、P活の予定を忘れてドタキャンしてしまったりしまわないよう細心の注意を払いましょう。

これだけ聞くと当たり前に聞こえるかもしれませんが、P活ではデートクラブの面談も含めて待ち合わせの時間に遅れたり、無言でドタキャンをしてしまう女性が非常に多いです。

普通の友達や恋人間でも遅刻やドタキャンはNGですが、貴重な時間を割いて自分との時間を作ってくれたパパを待たせるのはかなりのマナー違反になります。

また、TPOに合わせた服やメイクをして隣を歩くパパに恥をかかせないように気をつけるのも大事なマナーの1つです。

露出が多すぎる・派手すぎる・子供っぽ過ぎるといった服装やメイクでパパの元へ行ってしまうと隣を歩くパパが愛人を連れて歩いている男性のように見られてしまいますし、そういった女性は目立つのでお互いのP活バレに繋がりやすくなってしまいます。

また、P活デートの行き先は高級飲食店や静かな会員制バーなどである事が多いため、
・高級店に相応しくないラフすぎる服装をしてくる
・料理が台無しになるほど香水をつけてくる
・くちゃくちゃ音を立てて物を食べる

といった行為もマナー違反になるので十分気をつけておきましょう。

その2 初心者が稼ぐための方法は?

初心者パパ活女子が効率良く稼ぐにはおP活相場がより高い場所でP活を始め、情報収集をしっかりとしてパパ受けの良いパパ活女子を目指すのが一番のオススメだといえるでしょう。

今からP活を始めるパパ活女子にとってとても都合の良い事に、今はパパ活女子向けの情報が多くみられるようになっています。

そういったところでP活のマナーやパパに気に入られるためのノウハウを学び、それを生かしてP活を始めていけば最速で稼げるパパ活女子に変身することが出来るでしょう。

同じP活でも場所によってもらえるお手当の額が大きく違ってきますので、どうせP活を始めるのなら経済的に余裕のある太パパの卵が多い場所でP活を始めるのが成功の近道だと言えますね。

P活相場が高く経済的に余裕のある太パパが多い場所は男性側の利用料の高さで見分けることが出来ますので、より男性の利用料金が高いP活の場で集めたノウハウを生かしたP活をすればP活初心者でも稼ぐことが出来るでしょう。

パパ活初心者がP活を始める前に覚えておくべきリスク

リスク1 P活バレ

P活を始める前に覚えておいて欲しいリスクとして、“P活バレ”というものがあります。

P活バレというのは言葉の通り家族や友人、パートナーや職場(大学)といった自分を知っている人間にP活をしている事がバレてしまう事で、こうなってしまうとかなり厳しい状況に陥る事が多いです。

成人のP活は犯罪ではないのですが、世間にはP活=援交or売春という誤解がかなり広まっています。

ですから、P活バレが起こってしまうと周りから“そういう人間”だと誤解される可能性がありますし、パートナーなどから浮気をしていたと勘違いされる事もありえるでしょう。

また、自分ではなくパパの方のP活バレが起こってしまう場合もあります。

このケースはパパが既婚者だとパパの奥さんから連絡がくる事もありますから修羅場に巻き込まれる可能性もありますね…。

パパとパパ活女子どちらかのP活がバレてしまうリスクをまとめて“P活バレ”というのです。

リスク2 詐欺・食い逃げ・やり逃げなどの犯罪系

P活をするパパの中には『後でまとめて払うから!』と言っておきながら支払い日になると姿を消してしまったり、食事の途中で『ちょっとトイレに…』などと言って店から出て行ってしまうやり逃げパパや食い逃げパパが存在しています。

また、パパ活女子に月100万円など高額な報酬を匂わせて『事務手続きに〇万円かかるけど、後でまとめて払うからとりあえずお金を…』と手数料を支払わせ、そのまま消えてしまう詐欺師や魅力的なパパを名乗って有料サイトにパパ活女子を誘導するサクラも多く見られるようになりました。

最悪のケースだと家や駐車場にパパ活女子を呼び出して乱暴するという事件も起こってしまっています。

P活をする時は“パパ活女子は狙われやすい存在だ”ということを頭に入れ、リスクを回避できるよう対策を打っておきましょう。

P活の危険を回避するには?

考えだすと怖くなってしまうP活リスクについてですが、P活に潜むリスクや危険は
・P活している事を言わない、匂わせない
・セキュリティ対策がしっかりとされており、身元の確認をキチンと行っている場所でP活をする
・P活は【詐欺に成功したら儲かるであろう額<パパ活女子に会うまでの手間や費用】の場所で行う
・待ち合わせやデートは人目のある場所で!
・相場やP活常識などの情報収集をしておく

の6つを守ることで簡単に回避出来る事がほとんどです。

P活バレしてしまったパパ活女子は知人や友人に最近お金に余裕がある事を明かしていたり、パパに本名・住所・職場といった個人情報をしゃべってしまうといった無防備な事をしていたケースがほとんどとなっています。

ですから、経済的に余裕が出来ても豪遊せず、周りに自慢するような事さえしてしまわなければよほどのミスをしない限りP活がバレる事はありません。

また、詐欺や犯罪といったリスクはパパ活女子に会うまでの手間や費用が大きい場所ほど減らすことが出来るので、P活初心者の時ほどセキュリティ対策のしっかりとしている高級な場所を選んでP活をしていくのがオススメです。

まとめ

初心者パパ活女子の方から寄せられる事が多い質問の答えと初めてのP活で成功率を上げる方法をそれぞれ紹介していきました。

P活初心者はヤリモクパパや詐欺パパから狙われやすく、前情報なし&セキュリティ対策の甘い場所でP活を始めてしまうと地雷パパの餌食になってしまいやすいです。

初心者パパ活女子のうちに情報収集をしっかりと行い、良い太パパをゲットして最短距離で夢を叶えられる賢いパパ活女子を目指しましょう♪