複数人の異性と気楽な関係を続ける大人の火遊びですが、そんな遊びを楽しむ女性の中には男性達を上手く操って優雅な生活を送る方もいるようです。

今回、本サイトデートウォーカーの読者K様から『3人のハイスペック男性達と大人の火遊び中の私の生活』というテーマで寄稿を頂きましたのでご紹介させていただきます。

30代事務員K様のセレブな大人の火遊び体験談

私は関東地方で事務員をしている見た目フツーの女性です。

ですが、近辺の高級レストランには大体行った事がありますし、クローゼットの中には月収額を超えるカバンやワンピースがたくさん入っていて毎週エステに行っているなど同じ会社で普通に働いている同僚や先輩後輩ではちょっと無理であろう豊かな生活が出来てしまっています。

私がこんな生活が出来ているのは副業をしているからではなく、3人のハイスペック男性達と大人の火遊びをしているからです。

火遊び相手は全部で3人

私の生活を支えてくれている男性達をリストアップするとこんな感じになります。

・外資系企業男性Wさん(45歳)
竹野内豊似。英語と中国語ペラペラのトライリンガル男性でおしゃれなレストランに連れて行ってくれる。海外の話が面白い!ユーモアもあって話してて一番時間を忘れる人。

・整形外科医男性Sさん(50歳)
仲村トオル似。女子会みたいな会話も出来るので話していて楽。エステ券の出どころは大体この人。ジムデート好きでこの人と会ってからプロポーションがかなり良くなった。

・証券マン男性Nさん(33歳)
唯一の年下。結構イケメンなのに私と会うまで童貞だったらしい。理系男子のテンプレートで語り出すと止まらないタイプ。1教えたら10理解して1も忘れないので身体の相性が一番良くなった。

友達も火遊び相手も多い方が楽しい!
私があえてこの男性達との関係を“大人の火遊び”としたのはこの男性達との関係が愛人でも恋人でもないからです。

3人全員お互いの気分が乗った時にしか会いませんし、恋愛感情も無いので恋人同士のような甘いやり取りや重い束縛もありません。

色っぽい事も出来る男友達という感覚が一番近いと思います。

Nさん以外は私以外の女性とも遊んでいるのを知っていますし、他の女性との別れ話がこじれた時は手伝ってあげた事もありました。

この関係はお互いこの人がダメだったら次はこの人、という“他”があるからこそ出来た関係だと感じますし、誰か1人だけだったらその人に深く依存しすぎてダメだったと思います。

プレゼントや奢りに関しても女性らしい可愛いおねだりではなく対等な男友達と接する時のように堂々と「欲しい!」と言いますし、男性達の方も「○○してくれるならいいけど?(笑)」という風にストレートに私にして欲しいことを言ってくるような関係です。

都合の良い火遊び相手の探し方は?

こういった関係は会社の上司や知人など私生活に繋がりがある人間同士だとだとちょっと難しいと思います。

これは元々繋がりのある人と大人の火遊びをしようとすると普段の生活の時のことを考えて自分を素直に出しにくくなってしまいますし、単純に自分と繋がりのある人間は自分と同レベルの経済状況である事が多いからです。

ですから、私は経済レベルが高く普段の自分と繋がりのない男性だけから声のかかる場所へ行き、そこで3人の男性達と出会って今の関係を築くことに成功しました。

事務員という職業からも分かる通り私自身それほど容姿に秀でている訳ではありませんし、色っぽいだけの関係ではなく大声で笑い合えるような関係を築きたい男性は意外と多いので登録さえすれば誰でもそういった相手をそれほど苦労せず見つけられると思います。

まとめ

大人の火遊びはどちらかがどちらかに依存しなければ成り立たない関係ではありませんので、気軽に自分のやりたい事やしたい事を提案しあえるのが魅力ですよね。

精神的に楽でお金持ちな男性と関係を持つことが出来れば私生活がだけでなくお財布も充実しますので、同じ大人の火遊び相手を探すなら経済的に余裕のある男性が多い所で相手を探した方がよさそうです。