パパ活女子の中には、キャバクラで働いているという人も多いようです。そこで今回は、キャバクラで働きながら上手にパパ活する方法をご紹介します。是非キャバクラで働きながらパパ活をしているというパパ活女子の方は参考にしてみてくださいね。

キャバクラとパパ活の並行は難しい?

はじめに、キャバクラとパパ活の並行は難しいということを念頭に入れておく必要があります。その理由としては、以下の要因が挙げられます。

パパが求めている女性像

まず第一に、パパが求めている女性像としてキャバクラをしている女性とパパ活女子では大きく女性像が違うということが理由としてあります。パパからしたら、キャバクラをしている女性と関わるならわざわざパパ活で関係を持たずに、キャバクラに行けばいいだけの話です。パパが求めている女性としては、夜の世界で働いている女性というよりも一般人に近い女性であると言えます。そのため、キャバクラで働いていることをバレないようにする必要があります。

弱みを握られて脅されるかも

パパの中には、キャバクラで働いているという弱みにつけ込んで脅そうとしてくる人もいます。「言う事を聞かないとキャバ嬢やってることをバラすぞ」「お店にパパ活している情報を伝えるぞ」などと脅しをかけてきて、報酬を支払わない、無理にカラダの関係を要求してくるなどといった被害に合う可能性もあります。くれぐれも、両立する場合はバレないようにする注意が必要です。

バレないようにパパ活するには

それでは、バレないようにパパ活するにはどうしたらいいのでしょうか。

①アプリではオプション機能を有効活用する

パパ活アプリでパパ活をする際には、なるべくプロフィール画面に自分の写真を載せるのはやめましょう。もしかしたら自分の知り合いもそのアプリを利用しているかもしれません。また、パパ活アプリには大抵以下のようにプロフィールを限定的に見せる設定ができます。

ペイターズ→「プライベートモード」
シュガーダディ→「ステルス機能」

その他のアプリにも色々と機能がついているかもしれないので、チェックしてみて下さい。是非こういったシークレットモードを有効活用してみてくださいね。

②言動や服装などをパパ活とキャバクラで切り替える

言動や服装をできるだけパパ活をするときとキャバクラで働く時で切り替えるように意識してみてください。そうすることで、雰囲気でバレることはもちろん、たまたますれ違ったりパパがお店に来てしまった!なんてときも見つかる可能性が少なくなるでしょう。

③源氏名を使わない

キャバクラの源氏名をパパ活にも使わないようにしましょう。お金を持っているパパは、夜の世界でも遊んでいる人が多いです。そのため、万が一に備えてキャバクラの源氏名とパパ活のときの名前は全く違うものを使うようにして下さい。

④スマホの使い分けをする

パパ活用と普段使う用で分けることはパパ活女子全員にオススメですが、キャバクラとパパ活を並行するパパ活女子は、スマホの使い分けをマストでする必要があるでしょう。パパ活をしているときに、キャバクラのお客さんから連絡が来たりしてしまってはバレる可能性が高いからです。キャバクラをしていることがバレたくない!というのであれば、スマホの使い分けは確実にすることをオススメします。

まとめ

今回はキャバクラで働きながら上手にパパ活をする方法についてご紹介しました。キャバクラで働きながらパパ活をしているというパパ活女子の方は是非参考にしてみて下さい!