パパ活を始めるときに交際クラブ(デートクラブ)とパパ活アプリのどちらか良いの?
効率よく太パパを見つけるにはどうしたらいいんだろう?
パパ活で成功するには、男性との出会いの場を厳選することも大切です。
そこでこの記事では交際クラブとパパ活アプリの違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。
どちらに登録すれば良いか悩んでいるなら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

交際クラブとパパ活アプリの違い

交際クラブとパパ活アプリの違いをまとめました。
後ほど紹介するメリットやデメリットと合わせて参考にしてみてください。

男性が支払う月額費用

まず交際クラブの方が男性が支払う会費が高額です。
アプリは大体5,000円〜1万円程度が相場ですが、交際クラブは数万円以上。
そのため登録している男性は高収入の人が多いのです。

男性会員の利用者層

交際クラブの理想者層は経営者や収入が高めの男性が多いです。年齢層は40〜70代まで幅広い男性が登録しています。
パパ活アプリはやや年齢層が低く、20代から60代の男性がメインになっているでしょう。
年収は人によりますが、400万円程度の男性も登録していて交際クラブより平均収入は低めになる傾向があります。

顔合わせデートまでの流れ

パパ活アプリではマッチング後、メッセージをやり取りして自分たちで待ち合わせの日取りを決めます。
交際クラブでは仲介のエージェントが間に入り、デート日程を調整してくれることがほとんど。
実際に会うまではお互いに直接連絡を取らないことも多いです。

安全性

安全性の面では交際クラブの方が高いと言えます。
なぜなら入会の際に身分証明や年収証明が条件になっていることが多いため身元が確かな人しか入会できません。
会費が高いことから業者が入り込みづらく、安全性は格段に高いでしょう。
交際アプリにも本人確認や年収証明の項目はありますが、会費が安いためにいわゆるヤリモクの男性も登録していることがあります。

交際クラブのメリット

交際クラブのメリットを紹介します。

高収入の男性が多く太パパが見つかる可能性が高い

交際クラブには高収入の男性が多く、太パパに出会える可能性が高いです。
会費が高いのでそもそも経済的に余裕がある人しか登録できませんし、パパ活慣れしている男性が多いので話も早いでしょう。

安全性が高い

また先ほども説明したように安全性の高さでは交際クラブが優れています。
徹底した本人確認の制度もありますし、エージェントが間に入るので安心して利用できます。

交際クラブのデメリット

次に交際クラブのデメリットを紹介します。

登録を断られる可能性がある

交際クラブは面接があり、極端に太っている・痩せているなど容姿的な面で登録を断られる可能性があります。
年齢制限があることもあるので、条件がやや厳しめです。

面接に行かなければならない

また交際クラブは面接に出向かなければなりません。
そのため住んでいる地方に事務所がない場合は、登録が物理的にできないことがあります。

パパ活アプリのメリット

パパ活アプリのメリットを紹介しましょう。

いつでも始められる

パパ活アプリのメリットはいつでも、誰でも気軽に始められることです。
本人確認書類さえ提出できれば、その日からパパ探しができます。

地方でも気軽にパパ活できる

交際クラブが近くになくても、近くの男性や出張で地方に来る男性と出会えます。
インターネット上の出会いのため、場所が制限されないのもメリットでしょう。

パパ活アプリのデメリット

次にパパ活アプリのデメリットを紹介します。

年収や身元が確かではない

パパ活アプリのデメリットは年収や身元が確かではないことです。
本人確認書類の提出が不要なサイトなどは、安全性が低いのでオススメしません。
顔の見えない出会いなので、アプリやサイト自体も厳選して選びましょう。

ドタキャン常習者や業者などが紛れ込んでいる可能性がある

パパ活アプリにはドタキャン常習者、稀に詐欺業者が紛れ込んでいることがあります。
待ち合わせしたのにドタキャンしてブロックしてきたりするような男性もいるのです。
また稀にですが、マルチの勧誘業者が登録していることもあるので注意しましょう。

まとめ

今回紹介したようにパパ活アプリと交際クラブには明確な違いがあります。
良質なパパと効率よく出会いたいなら、交際クラブがオススメです。
面接が必要などデメリットも多少ありますが、登録が済めば安全に質の高い男性と出会いやすいからです。
パパ活アプリを使用する場合は、本人確認や年収証明がある実績の多い有名なものを使いましょう。
素敵な男性に出会ってパパ活成功者になるため、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてくださいね!