P活をしているとパパに「あれが欲しい」「お小遣いが欲しい」といったおねだりをしたくなる事はかなり多いと思います。

そんな時、おねだり上手なパパ活女子はパパに「しょうがないなぁ」と笑ってもらえるおねだりの仕方をし、上手にお願いを叶えてもらっている事がほとんどです。

おねだりの仕方1つで「しょうがないなぁ(笑)」と笑われるか『ウザい…』と思われるかは大きく変わってきますので、上手なおねだりの方法を知って“もらい上手”なパパ活女子を目指しましょう!

P活パパが喜ぶパパ活女子のおねだり方法4つ

その1  欲しい物は具体的に!

P活パパに買って欲しいものがある場合、どこに売っている何が欲しいのかを具体的に伝えてあげるようにしていきましょう。

経済的にも精神的にも余裕のあるパパは頭が良く察しも良い場合がほとんどですが、女性向けのブランドや商品に関する知識には乏しいので「可愛い服が欲しい」「オシャレなバッグが欲しい」といったあいまいなおねだりをされると何を買えばいいのか分からず困ってしまう事になります。

どのブランドの何が欲しいのかが分かる具体的なおねだりをすれば“何を買えば確実にこの子が喜んでくれるのか”というのが分かりますので、プレゼントをする男性も楽でおねだりを聞いてあげやすくなってくるのです。

その2 断られたらすぐに代案を出す

P活パパにおねだりをした際、予算などの問題でパパからそのおねだりを断られてしまう場合もあるでしょう。

この時おねだり上手なパパ活女子は「じゃあ○○が欲しいな♪」とすぐに代案を出し、おねだりの内容を臨機応変に変化させてきます。

おねだりを断られて「じゃあ良いです…」と引き下がってしまうパパ活女子は多いですが、おねだりを叶えるか何も渡さないかという100か0かの選択肢を提示されるとパパは困ってしまいますし、罪悪感が出て暗い気持ちになってしまう事も多いです。

しかし、そこですぐに代案を出せば2つ目のおねだりは叶えてもらえることも多いですし、断っても不機嫌にならない子として優先順位を1つ上げてもらえるようになってきます。

その3 おねだりは1度に1つずつ

P活パパにおねだりをする時は「これが欲しい!」と1度に1つずつのおねだりにするようにし、「AとBとCが欲しい!」という1度で複数の物をおねだりしている状況になってしまわないよう注意をしていきましょう。

おねだりをする時に避けたいのはP活パパから“強欲女”のレッテルを貼られてしまう事です。

女性はマルチタスクで物を考えるのが得意なので「AとBとCが欲しい!」とお願いされた時このお願いを1つのものとしてまとめることが出来ますが、シングルタスクで物を考えている男性はこのおねだりを「Aが欲しい」「Bが欲しい」「Cが欲しい」と分けて考えてしまうので1度に3つもの物を欲しがられたと感じ、『面倒だな…』と思ってしまう事になります。

複数のおねだりをしたい時はまず「Aが欲しい」とだけおねだりをし、それを叶えてもらってから「Bが欲しい」という風に順番におねだりをしていくか、クリスマスコフレなど複数の物が1つにまとめられたセット品を欲しがるようにしていきましょう。

その4 自分を理由にする

P活パパがパパ活女子のおねだりを聞き、プレゼントを渡す理由はパパ活女子に喜んでもらいたいからです。

ですから、プレゼントをおねだりする時は『相場』や『普通』といった予防線の言葉は使わず、自分が欲しいから欲しい!という風に自分を理由にしたおねだりの仕方をしていく事をオススメします。

P活パパが叶えてあげたいおねだりはそれらしい理由が付いた“叶えて当然のおねだり”ではなく、パパ活女子がそれをおねだりだと認識している“好意で叶えてあげたおねだり”なのです。

まとめ

P活パパに喜ばれるおねだりが出来るパパ活女子はパパからお手当だけでなく、バッグやアクセサリーなど高価なプレゼントもたくさんもらえてしまいます。

そうなると普通にP活をするより遥かにコスパ良く稼ぐことが出来ますので、あっという間に夢のための資金を稼ぐことが出来るでしょう。

もちろんパパにおねだりを聞いてもらえたら笑顔でお礼を言うようにし、パパが『聞いてあげてよかった』と思えるパパ活女子になってあげるようにしてくださいね♪