年始年末のP活パパにはお目当てのパパ活女子と『行けたらいいなぁ…』と憧れている場所があるのですが、相手に気を遣っていたり、ちょっとした事情があったりしてそれを諦めている事が多いです。

しかし、それらの事情はパパ活女子がちょっとした事をしてあげるだけで解決する事がほとんどなので、クリスマスのお礼もかねて気を回してあげるといいでしょう。

P活パパが喜ぶ年末年始のP活デートスポット3つ

その1 お寿司屋さん

年末のP活パパは年の節目にお気に入りの女性とおめでたい物を食べたいと思っている事が多いですが、自分とよりも家族やパートナーと過ごしたいだろうと思っていたり、年末年始なのにP活デートの内容としては王道のお寿司屋さんデートでは物足りないのではないか?と思っていたりしてパパ活女子を誘えない事が多いです。

ですから、この時期になったらあえてパパに「年末(年始でもOK)に美味しい鯛が食べたいです!」などお寿司屋さんに連れて行きやすいお願いをし、パパの心配を無くしてあげる気遣いをしてあげましょう。

年末年始のお寿司屋さんは混んでいる事も多いので、待ち合わせ時間をピーク時間帯以外にずらすようお願いするとパパの方も大助かりです。

お寿司屋さんの中では距離感を大切にして“仲の良い親子風”に見えるようにし、パパが安心して食事をご馳走してあげられる環境を作ってあげるとなお喜んでもらえるでしょう。

会話の内容を1年間の思い出話にしたり、同性の友人の話といったものにするとより仲の良い親子風になりますのでオススメです。

その2 初詣

年末年始のデート先といえば初詣が出来る神社なのですが、P活パパの場合大晦日や3が日は自分のパートナーや仕事先の人間との交流で忙しく、行きたいと思っても行けなかったり誘うのに遠慮があったりして実現できていない事が多いです。

ですから、パパ活女子の場合は大晦日よりも少し早い28~30日or 3が日の終わった1月4~8日辺りに空き時間を作り、あえて自分から『少し早い(遅い)ですけれど〇日の〇時に初詣に行きませんか?』と誘ってあげてみて下さい。

あえて少し時期を外した日時のお誘いをする事でP活パパはパパ活女子と初詣に行けますし、普通のパパなら何も言わなくても“あえて”の気遣いを察する事が出来ますので今年からはもっと良くしてあげようという決意を固めてくれるでしょう。

この際、行き先を大晦日や3が日から少し外れている時期でも屋台をたくさん出している神社にしておくと買い食いや行列で初詣にかかる時間を増やすことが出来ますので、あまり時間がなく2軒目のお誘いは避けたいパパ活女子にはこちらの方がオススメです。

その3 ただゴロゴロするだけのデート

P活パパは年末年始非常に忙しく、家族サービスなどで疲れ切っている事も多いです。

ですから、パパ活女子と寝正月のような何もしないダラダラとした時間を過ごしたいと思っているパパは非常に多くなっているのですが、パパ活女子側が嫌がるだろうと遠慮をしてしまう事がほとんどとなってしまっています。

ですから、あえてこちら側からパパにどこにも行かないゴロゴロするだけのP活デートを提案し、パパを大喜びさせてあげましょう。

まだそれほど仲良くないパパなら
・普通の銭湯→休憩所でゴロゴロ
・お風呂カフェやベッドのあるカフェなど何もせずにダラダラ出来るコンセプトカフェでゴロゴロするだけ
といったデートプランを、仲の良いパパなら
・ホテルの一室で1日何もせずにテレビを見ながらゴロゴロするだけ
・レンタルスペースで特別な事は無しにただダラダラとするだけ
といったデートプランをという風にパパごとに分けた提案してあげると安全度が高まりますよ♡

来年からも太パパでいてもらうために…

年末年始のP活パパは憧れるデートスポットを3つ紹介していきました。

この時期のパパ活女子は家族や彼氏、パートナーといった身近な人物と一緒に過ごしている事が多いので、少しの時間だけでも割いてあげると好感度がうなぎ登りになりやすいです。

クリスマスプレゼントをもらったパパ活女子はお礼代わりに、そうでなかったパパ活女子は来年からたくさんの支援をしてもらえるよう投資代わりに憧れのP活デートを実現させてあげてみて下さいね♪