P活に興味があるまたはP活をこれから始めようとしている女性が最初にぶつかる壁として、『どこでP活を始めればいいのか分からない』というものがあると思います。

『P活 始め方』と検索するとSNS・P活アプリ・P活サイト・デートクラブ・交際クラブなどなどP活が出来るとされる場所がたくさん出てしまうので、どこを選べばいいのか分からず迷ってしまうのは仕方がない事ですよね…。

そこで、今回は私がP活初心者時代に感じたP活アプリ(P活サイト)とデートクラブ(交際クラブ)の大きな違いを紹介していきます。

P活アプリ・P活サイト・デートクラブ・交際クラブって?

P活アプリとP活サイト、デートクラブと交際クラブは呼び方こそ違うもののほぼ同じ物を指しています。

P活アプリやP活サイトはインターネット上でパパになりたい男性やP活をしたい女性が集まり、それぞれが個人でP活相手を探せる場のことです。

それに対し、デートクラブや交際クラブは経済的に余裕のある男性と経済的支援が必要な夢を持つ女性の間にプロの人間が入り、それぞれにピッタリの男女を紹介してもらえるP活の場となっています。

P活初心者が感じたデートクラブとP活アプリの違い〇つ

その1 登録までにかかる時間が違う!

P活アプリの場合、アプリやサイトで指示される通りに名前や年齢などを入力していけばすぐにP活を始めることが可能です。

スマホさえ使う事が出来れば自宅ですぐにP活を始められるようになっています。

それに対し、デートクラブを利用するにはまず面談を受ける必要があり、運営側の人間と直接会って入会を許可してもらう必要があります。

面談では男女問わず身元の証明が必要であり、しっかりとした利用者であると確認されなければP活を始めることが出来ません。

ちなみに、私の場合仕事をしながらのP活を希望したので休日に面談をする必要があり、デートクラブ入会までには合計4日ほどかかりました。

その2 会えるパパの“平均”が違う!

P活アプリのパパは年収400万円の普通のパパ~年収1000万円の高収入サラリーマンパパといった男性が多くなっていますが、デートクラブにいる男性は年収2000万円の士業男性~年収1億円の投資家や大企業役員が非常に多く、出会えるパパの“平均”が大きく違っています。

また、P活でもらえるお手当の額もP活アプリの場合“身体の関係なし・お食事またはお買い物のみ”という条件となると0円(食事をおごってもらえるだけ)~5000円が平均となっていましたが、デートクラブの場合は同じ条件で1万円以上と1回目のデートの時点から平均が大きく異なっていました。

その3 予定の確実さと安定度が違う!

P活アプリの場合、初心者のうちはパパからP活デートをドタキャンされてしまったり、ようやく繋がったパパとの予定が合わずP活出来る頻度がバラバラになってしまったりと交渉や連絡に慣れるまで安定してP活をするのが難しい印象がありました。

しかし、デートクラブはほとんどのクラブに『男性会員側の都合でデートをドタキャンした場合はセッティング料を没収する』という規約がありますのでパパがドタキャンをする事はほぼ100%ありませんでしたし、運営側がスケジュールを調整してくれるのでこちらはパパと会える日付を伝えるだけで良かったです。

P活アプリとデートクラブ、結局どっちがいいの?

P活初心者が感じたP活アプリとデートクラブの違いを紹介していきました。

P活アプリとデートクラブの大きな違いは登録までの手間と在籍パパの平均となっていますので、『交渉は自分で出来るから今すぐたくさんのパパと会いたい!』というタイプのパパ活女子ならP活アプリを、『ハイクラスのパパだけと出会いたい!』というタイプのパパ活女子はデートクラブを使う方がよさそうです。

P活を始める際は自分の出来る事や希望に合わせたP活の場を選んでみて下さいね♪