P活をしているパパ活女子の中にはパパと身体の関係を結んでいるパパ活女子もそれなりにいると思います。

しかし、P活パパの中には避妊をしたくなくてパパ活女子に嘘の避妊方法を教えたり、間違った避妊方法を本当だと勘違いして危険なP活をしてしまっている場合があるのです。

P活パパが言いがち&パパ活女子が勘違いしがちな嘘の避妊方法を知り、自分の将来を守れるパパ活女子を目指しましょう。

パパ活女子&P活パパが勘違いしがちな避妊方法の嘘4つ

その1 外出しなら大丈夫!

P活パパ側から一番言われがちな危険な嘘。

最後だけ抜いて足やお腹など身体の上に出せば妊娠しないというパパは非常に多いですが、精子は最後だけでなく途中で出てくる透明な液体にも含まれているので外出しをしてもほとんど避妊効果はありません。

P活アプリやSNSで中と外でお手当の額を変えている体の関係アリのパパ活女子を見かける事もあるのですが、中出しでも外出しでも危険度は変わりませんし、無責任なP活パパから『避妊に対する正しい知識のないパパ活女子』だと勘違いされて狙われやすくなってしまいますので真似をするのは絶対にやめておきましょう。

その2 シャワーや洗浄器で中を洗えば妊娠しないよ!

行為が終わった後、中をシャワーやビデを使って洗ったりセペなどの洗浄器で洗って精子を洗い流してしまえば妊娠しないというアドバイスをするP活パパもいるのですが、これも避妊効果は無く危険なものとなっています。

シャワーやセペが洗うことが出来るのは膣内だけで、子宮や子宮手前の子宮頚管をこれらで洗い流すことは出来ません。

確かに子宮または子宮頚管に精子が到達する前に全て洗い流すことが出来れば妊娠を防ぐことが出来ますが、精子が子宮頚管にたどり着くまでの時間はわずか1分しかありませんので、出されてすぐに洗浄器を差し込んで洗い流すくらいの事をしなければ避妊効果は無いのです。

しかし、それくらいの事をしても全ての精子を洗い流せていない可能性の方が高いので、この避妊方法は現実味に欠けているといえるでしょう。

同じ方法でコーラやお酢を使った避妊方法が紹介される事もありますが、こちらも同じ理由で避妊効果はほとんどありませんから注意をして下さいね。

その3 生理が終わって○日間は安全日!

生理の日から排卵の日を予測して妊娠しやすい危険日とそうでない安全日を分けるオギノ式避妊法を使うパパ活女子は多いのですが、生理はダイエットやストレスなどちょっとした事でずれやすく、確実とは言えない避妊方法となっています。

このオギノ式避妊法は元々不妊治療をする女性達が妊娠しやすい日・しにくい日を計算するために作られた“目安の周期”をそのまま流用したものなので、この日なら絶対に大丈夫!と安全を保証するものではありません。

事実、多くの産婦人科医も『完全な安全日は存在しない』と断言していますので、これを信じてP活パパとの身体の関係を簡単にOKしてしまうのは絶対にやめておきましょう。

その4 生理中は妊娠しない!

生理中なら妊娠しないという理由で5日目~7日目など生理が終わりかけの時に避妊無しのセックスをおねだりしてくるP活パパや身体の関係をOKしてしまうパパ活女子がいるのですが、これも妊娠の確率を下げる効果はあまりありませんので絶対にやめておきましょう。

身体の外など乾燥した状態に置かれた精子は数分程度ですぐに死んでしまうのですが、身体の中など常に一定の湿り気がある場所にある精子の寿命はおよそ1週間となりますのでこの方法だと生理が終わった後も精子が生きており、そのまま妊娠してしまう可能性があります。

望まない妊娠を避けるために

P活男女が勘違いしがちな嘘の避妊方法を4つ紹介していきました。

望まない妊娠をしてしまうと将来に支障が出るだけでなく、心と体に大きなダメージを負ってしまいます。

今回の記事で紹介した危険な避妊方法はコンドーム嫌いのP活パパや精神的な余裕のない細パパほど強く主張しがちなので、嘘の情報に踊らされないよう正しい知識を身につけておいてくださいね!