不倫やP活、恋活といった大人の恋愛をしていると、せっかくタイプの女性と深い関係になれたのにある日突然メールの返信が来なくなってしまったり、LINEを既読無視されてしまったりといった事も起こり得ると思います。

それほど好きではない女性が相手でしたら相手の気が変わったのだろうと次の女性を探す事も出来ますが、どうしても諦めきれない女性が相手だと返信をお願いしてしまいたくなってしまいますよね…。

そこで、女性から既読無視された時に使える上手な返信催促メールや返信催促LINEの送り方を3つ紹介していきます。

女性に既読無視されたと判断して良いのは何時間後から?

『どれくらいの時間LINEを放置されたら既読無視だと判断しても良いのか?』というのは難しい問題ですが、相手が女性の場合既読後およそ24時間が経過したら既読無視をされていると判断して構いません。

女性は複数の事を1度にこなすのが上手ですし、時間のやりくりも上手いので大量の男性と並行して連絡を取る必要があるプロの女性を除いて24時間一瞬たりとも相手男性に返信できる時間がないという事は無いからです。

女性の言う『時間がない』は『(あなたのLINEを返信するために使いたいと思う)時間がない』という意味である事がほとんどなので注意をしていきましょう。

女性に既読無視された時に使える上手な催促メール・LINEのやり方3つ

その1 脅さない・怒らない・疑わない・聞かない!

「返信しないなら〇〇するよ」
「常識的にありえないよね?」
「やっぱり他にも男がいるんでしょ?」
「生きてるー?既読無視?」

女性から返信が来ない時にこういった内容のLINEを送る男性は非常に多いですが、これらは女性から返信が来る可能性を自ら0%にしてしまう超危険な催促LINEの内容です。

女性は男性から脅されたり怒られたりお説教を匂わせるような事を言われると男性が思う以上に恐怖の感情を抱いてしまうので、男性から攻撃されたと感じて直感的に“ウザい”と思い、返信の意思をこれまで以上に無くしてしまいます。

女性が男性のLINEを既読無視するのは意図的である場合がほとんどなので正論ではあるのですが、返信が欲しいなら絶対に脅さず・怒らず・疑わず・既読無視かどうか聞かないようにしていきましょう。

その2 朝or昼に送り直す

女性が男性のLINEを既読無視するのは
・「おっぱい何カップ?性感帯は?」など答えたくない質問をされてしまった
・下ネタや住所バレしそうな会話など続けたくないor深掘りされたくない話題が続いていた
・疑問文無しor向こうからの質問に答えるだけで話題を広げるワードがない
・遅い時間なのに延々とLINEされそうな話題だった
などLINEの内容が答えにくいものだったからという理由である事が多いです。

ですから、既読無視された女性にLINEを送る時は既読無視のことには触れず、話題をガラッと変えて当たり障りのない質問をしていくようにしていきましょう。

メッセージを送る時間を朝~昼にすると女性の目に留まりやすいですし、気遣われていると分かって安心するので返信率をグッと上げることが出来ます。

その3 返信が欲しい理由を書く

うっかりミスで女性を怒らせてしまった、ケンカをして既読無視されてしまったなど既読無視の理由が明らかである場合、その1とその2の方法に加えて返信して欲しい理由を添えることをオススメします。

ただし、この時の返信が欲しい理由は返信することによるメリットや常識といった理屈や正論を使ったものではなく“気持ち”を重視したものにして下さい。

相手女性とまた話したいと思っている事、ミスを全面的に認めて謝る気持ちがある事など理屈ではない気持ちを伝えることが出来れば案外女性は“ウザい”と思わず返信をしてくれるものです。

ただし、この時の文章が長文であればあるほど読み飛ばされる可能性が高まりますので文字の長さは5行以内に収まるようにしておきましょう。

まとめ

女性は基本的に男性からの返信催促LINEやメールを『ウザい…』と言って嫌いますが、その理由は男性が自分の都合を押し付けていると感じたり、空気が読めないと判断してしまうからです。

逆に言うとこれらの条件を満たさない返信催促LINEやメールならウザいと思われず、女性から返信を誘う事が可能となります。

女性に返信の催促をする時は今回紹介した事をしっかりと頭に入れておき、女性を安心させられる大人の余裕を見せられるようにしてあげましょう♪