パパ活女子と長時間のデートがしたい、お泊りデートで1日中楽しみたいといった希望を持つP活パパは多いです。

しかし、P活パパからお泊りデートに誘われるのは困るというパパ活女子は多いでしょうし、お泊りをしてもいいというパパ活女子でもより多くのお手当をもらうための返し方が分からないというケースがあると思います。

そこで、P活パパからお泊りデートに誘われた時に使える上手な返し方や断り方を4つ紹介していきます。

P活パパからお泊まりデートに誘われたら?

その1 行ってもいいかな?と思った場合

『このパパとならお泊りデートに行ってあげてもいいかな?』というP活パパの場合、お泊りデートに誘われたら素直に「良いですよ!」とOKを出してあげて構いません。

ただし、お泊りデートまでの日にちを2ヶ月~半年ほど空けてもらい、
・お泊りデートで泊まるホテルや旅館
・お泊まりで何をしに行くか
・お泊り先のどこで何を食べるか(買いに行くか)

のうち最低でも1つは選択権を握れるようにして下さい。

お泊りデートの内容全てをP活パパがどうにでも出来る状態にしてしまうとパパ優先のデートになってしまいしがちなので、パパ活女子目線だとあまり楽しいデートにならない可能性が高いです。

自分が楽しめる内容の物を最低1つは差し込んでおき、パパに笑顔を見せられるデートプランを考えてあげるようにしていきましょう。

その2 その日のお手当を上げてくれるなら行っても良いという場合

『お手当を出してくれるなら行っても良いかな…』というP活パパからお泊りデートのお誘いを受けたという場合、まずはいつ頃に行きたいのかを聞いてから「実はその時期はバイトを増やす予定で…」とお金を理由にお泊りをお断りして下さい。

その後その日働いて稼ぐ予定の金額としてお泊りデートで希望するお手当の額を言えばパパから「それじゃあそのくらい出すから…」という言葉を誘う事が出来るので、お手当の話を自然にクリアすることが出来ますよ♪

その3 付き合いが短いP活パパからのお泊りデートを断る方法

まだパパになって間もないP活パパからお泊りデートに誘われて断りたいという場合、まずは「良いですよ!」とイエスの返事をして下さい。

ただし、その後冬ならお花見、春なら雪祭りなど「でも○○に行きたいから…」と半年~1年後にあるイベントを出し、お泊りデートの予定を先送りにしてしまうのがオススメです。

それでも「すぐに行きたい!」としつこくお願いされた場合、「今は仕事(勉強)が詰まってるから…」など多忙を理由に『落ち着いたら行けるでしょうけど…』と“まだ”無理である事をアピールし、長期的なお付き合いになったらお泊りに行けることを匂わせるようにしていきましょう。

もちろん長いお付き合いになっても行きたくなければ行く必要はありません。

その4 付き合いが長いP活パパとのお泊りデートを断る方法

お付き合い期間がそれなりに長いP活パパからのお泊りデートを断りたいという場合、苑で紹介した先延ばしの戦法を使ってから『実は最近急に会社が忙しくなって…』など、家族・パートナー・仕事関連の急なイレギュラーでしばらく複数日の予定は空けられなくなったことを話して下さい。

この後はもしもう少しして予定が組めたら…の夢話にシフトし、パパをお泊りデートへ行ったつもりにさせて気持ちを落ち着かせてあげましょう。

予定が落ち着く日が来るかどうかはパパ活女子次第なので、夢話はいくら膨らませても構いません。

まとめ

P活パパからお泊りデートに誘われた時に使える返し方や断り方を4つ紹介していきました。

1日中P活パパと過ごして気を遣い続ける必要のあるお泊まりP活はコスパが悪く、時給に換算すると普段のP活デートより安い金額でのP活になりがちなのであまりオススメできません。

それを普段お世話になっているパパへのサービスとして許せるなら別ですが、そうでない場合は今回記事も参考にお手当アップをおねだりしたり、上手に断ったりしてどんな時もP活の効率を落とさないパパ活女子を目指してみて下さいね♡