最近、
・大学の男友達にマッチングアプリのプロフィール画面をスクショされてP活しているのをバラされた
・職場の同僚にパパとデートしているところを見られてパパ活女子だとバレてしまった
といった“P活バレ”に関する相談が増加傾向にあるようです。

P活は今でも世間に誤解され続けていますので、P活がバレてしまうと面倒な事に巻き込まれがちになりますよね…。

そこで、家族・友人・職場関係といった知人にバレない安全なP活をする方法を4つ紹介していきます。

P活バレのない安全なP活をする方法4つ

その1 プロフィール画像を撮る時は…

不特定多数の男性が見ることになるプロフィール画像を撮る時は鼻から下のみなどできるだけ顔の全出しはせず雰囲気で勝負することをオススメします。

口元や鼻周りに特徴的なホクロがある場合はメイクや加工で消しておき、見ただけでは本人だと分からないようにしておきましょう。
逆に、ホクロがない女性は口元にアイライナーなどでホクロをつけ足しておくのがオススメです。

顔の全出しが必須のP活アプリなどに画像を載せるという場合、わざわざそれ用に撮らずあえてインスタやTwitterで使った画像をそのまま使うようにして下さい。

こうすれば仮に知人や友人が見ても自分だと確信する事は出来ないですし、SNSで使っていた画像なら「知らないうちに勝手に使われていたみたいで…!」という言い訳も出来ますからP活バレの可能性を格段に減らすことが出来ますよ。

その2 P活用のプロフィールを考える!

P活の際はプロフィールの内容やメッセージのやり取りなどから身バレが起こらないようP活用のプロフィールを必ず作っておきましょう。

例えばあなたが看護師なら介護職の女性という設定を考えておき、アパレル関係の仕事をしているなら化粧品メーカーで働いている事にするなど聞かれてもある程度対応できるプロフィールを作っておきましょう。

また、年齢・趣味・好物・おおよその住所に関しても過去そうだったものにするなど少しズラしておくようにすれば身バレの可能性が一気に減り、P活バレの無い安全なP活が出来るようになってきます。

その3 職場の人間に見つからずにP活デートをするには…

P活で最も警戒しなければならないのはP活デートをしているところを職場の人間や友人といった知り合いに目撃されてしまい、『もしかして…』と思われる事になっています。

ですから、P活の際は知人のいない場所でP活をするのが1番です。

基本的に職場の人間は自分と同じくらいの収入しかない人間となっていますので、自分の収入では行く事の出来ない会員制レストランや高級デパート、個室の高級カフェといった場所でP活デートをしてくれるパパを選ぶと職場の人間に見つからずにP活をする事が出来ますよ。

その4 自分に近い人間がいない場所でP活をしよう

基本的に友人や知人という存在は自分と価値観が近く、金銭感覚や生きている世界も自分とあまり変わらない場合がほとんどです。

ですから、P活をする時は経営者や一流企業幹部、士業、投資家、著名人といった自分とは全く違う世界で生きている男性が多いデートクラブなどでP活をするのをオススメします。

年収400万円以下の男女と年収2000万円オーバーの男女とでは利用する飲食店も買い物する場所も違うので、年収の高い男性だけとP活をするようにするとその3で紹介した知人がいない場所でP活が出来るようになってきます。

男性側が払う必要がある利用料が高ければ高いほど女性とのデートのためにそれくらいの額を出すことが出来る高収入な男性が集まるようになっているので、P活の場を選ぶ際は男性側の利用料もこっそりとチェックしておくと良いですよ♡

まとめ

18歳以上の人間がするP活に違法性は無いのですが、周りの人間にP活をしている事がバレてしまうと犯罪者のような扱いを受けてしまったり、性に対して奔放な人間であるかのような誤解を受けてしまいがちです。

また、パートナーにP活がバレてしまうと浮気や不倫を疑われる事もありますので、P活をする時は秘密厳守を第一にしてくれるP活の場を選んでパパを探すようにしていきましょう!