パパ活で成功するには、高収入パパをゲットしてお手当てを沢山もらう必要があります。
活動し始めてしばらく経つけど、高収入男性と出会えない女性はプロフィールの文章に問題があるかもしれません!
実は高収入男性は職業別にぐっとくるポイントが違い、適当に書いた自己紹介文ではアピール力が弱いんです。
この記事では職業別に男性の心に刺さるプロフィール文の書き方を紹介します。
太パパを捕まえてパパ活成功を目指している方は参考にしてみてくださいね!

高収入パパをゲット!職業別プロフィールの書き方

太パパをゲットするための戦いはすでにプロフィール作成の時点で始まっています。
ほとんどのパパ活サイトやデートクラブでは、男性よりも女性の会員数が圧倒的に多いんです。
他の女性と差をつけ、太パパに目を止めてもらうためには自己紹介文で自分を以下にアピールできるかが重要。
職業別に押さえるべきポイントを解説していくので、どんなパパを狙うかによって使い分けてみてくださいね。

医者編

医者がパパ活女子に求めているのは、知性と上品さです。
日頃高収入の人物と接することが多い医者は、やはり女性にも自然と上品な振る舞いを求めます。
また医者の男性は知的レベルが高いので、女性もある程度頭の回転が早くないと会話が成り立たないことも。

プロフィールの文章を書く上でのポイントとしては、敬語でしっかりした文章を書くこと、学歴や専門的に勉強した分野があれば記載しておくことです。
医者はパパ活女子に対して、さほど賢い女性と出会えるとは期待していません。
正直ちょっと女性を見下しているような人も多いんです。
そんな中「この子は賢そうだな。」「パパ活している子でもしっかりした子がいるんだ」と意外性を与えるのがポイント。
医者には知性と上品さで、他のパパ活女子とは違う自分をアピールしましょう。

弁護士

医者と同じく知的な職業である弁護士パパは、女性に対して自分と対等に話せるくらいの自立心を求めます。
しっかりと夢や目標を持っていて、弁護士に自分を支援するメリットを提示できるくらいの勢いが必要。
楽して稼ぎたい感満載のプロフィールでは、弁護士パパはゲットできません。

自己紹介文には、自分の夢や目標について熱く書いてみましょう。
背伸びをする必要はありませんが、自分が何のためにパパ活を始めたのか、そして将来的にどうなりたいかも書くと熱意が伝わりやすくなります。
「この子は自立心があり、しっかりしていそうだな」という印象を与えられるような内容がオススメです。

経営者

自分で会社を経営している男性は、対等に自分と渡り合える強い女性を求めています。
日頃経営者は部下や周囲の人にちやほやされ、意外と孤独を感じているからです。
そのため、経営者の男性は意外と強めの女性や自分に気さくに接してくれる女性が好き。

性格を自己紹介文で伝えるのは難しいですが、アクティブな面をアピールするのがオススメです。
例えば趣味の欄に「キャンプなどアウトドアが好き!」「ツーリングが趣味です」など、女性らしくない趣味を書いておくと経営者層にウケが良い傾向にあります。
興味がある程度でも、「行ってみたいので連れて行って欲しい」などと書いておくと良いでしょう。
経営者層は女性らしさよりも意外性や「この子面白いな」と思わせる何かを持っている女性に興味を持つからです。

太パパゲットのためには職業別にプロフィールを使い分けよう

高収入のパパとパパ活したいなら、職業別にプロフィールの書き方を変えてみましょう。
医者をゲットしたいなら知性や上品さ、弁護士は知的さと自立心など、相手のキャラクターに合わせた文章を作成することが重要です。
高収入の男性は、お金目当ての女性や自立心のない女性を嫌う傾向にあるので注意してください。
実際にデートした後は、仕事で疲れている男性の心を癒すこと・礼儀を忘れない立ち振る舞いを身につけて接しましょう。
太パパに出会いたいなら、まずは自分のプロフィール文章でアピール力を高めてみてくださいね!