年が明けて、パパとのデートの際にパパから「今年の抱負は?」と聞かれたら、あなたは答えることが出来ますか?パパは頑張っている女の子を応援したいと思っているので、抱負を聞かれたときにきちんと答えることができると今後も沢山支援してあげたいと思わせることができるでしょう。そこで今回は、パパに聞かれたときに答えると好印象を持たれる抱負を5つご紹介します。

英語を身につけるために留学をする

まず1つ目は”留学”です。明確な目標なので、パパもイメージしやすくて応援しがいがあるため、留学はオススメです。
「今年は通訳者になりたいという夢のために外国語の勉強をしたいので、留学しようと思っています。」
「自分の経験として○月から○月の間は留学を予定しています!」
など、単に”留学したい”というのではなく、具体的な理由と一緒に説明することでパパに好印象を持たれるでしょう。

芸能界を目指して、歌やダンス、演技の勉強をする

次にオススメなのは、歌やダンス、演技といった芸能分野の挑戦です。実際にパパ活をしている女性の中には芸能界に入りたいという目標が多い人も少なくありません。
「素敵な女優さんになるべく、今年はよりいっそう演技の勉強をがんばります!」
「アーティストという夢を叶えるために歌とダンスのレッスンをがんばります!」
と抱負を述べると、パパはきっと素直にあなたのことを応援したくなるはずです。

新しい事に挑戦する

あまり明確な目標がない…という人にオススメなのが、「なにか新しいことに挑戦したい」です。新しい趣味を見つけたり、資格を取得したり…なにか興味のあることを考えておいて、それに挑戦してみたいという気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
もしかしたらパパがあなたの挑戦してみたい事を詳しく知っていて、サポートしてくれるかもしれませんね。

もっとキレイになれるように、自分磨きを頑張る

明確な目標がない人にもう一つオススメの抱負が「自分磨きを頑張りたい」です。ダイエットに力を入れてジムに通ってみたり、美容のためにエステに通ってみたりしたいというだけでパパからはとっても好印象です。「女の子として魅力を保つ」というのは、パパにとってとても魅力的な事で、自分も始めやすいと思うので、もし今年の抱負が見当たらない!という方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

これまでの目標を継続する

最後に、これまで一生懸命頑張ってきたことがあるというパパ活女子の方は、「以前から話していた目標を努力し続けて、今年中に成功させたいです!」とパパに伝えると良いでしょう。
年が明けたら絶対に新しいことをしなければならないということは絶対に無いですし、ずっと努力している事だったらパパも理解があると思うので、今年1年も好印象を持ってくれること間違いありません。

まとめ

今回はパパに今年の抱負を聞かれた際に、好印象を持たれる抱負5つをご紹介しました。あくまでオススメで、他に自分の抱負がある場合はそちらを言っても構いません。パパに抱負を伝えたら、それが完全な嘘にならないよう努力することで今年1年も沢山応援してくれるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください♪