パパ活の時にサイトやアプリ、デートクラブではどんな名前を登録していますか?
意外と本名の下の名前だけを登録したり、特に考えずにあだ名をつけてしまっている人も多いようです。
しかしプロフィール画面から男性の興味を引き、なおかつデート中も呼びやすい名前をつけた方がパパ活成功率は上がります。
そこで今回はパパ活においての名前をつけるポイントを紹介!
今からプロフィールを登録する方や上手な偽名が思いつかない方は参考にしてみてくださいね。

パパ活で本名を使わないのは基本

パパには本名を含めた個人情報は教えないのが無難です。
ガチ恋パパに変貌した時にストーカー被害を防ぐ、身バレを防止する意味でほとんどの女性は名前を公開していません。
名前を教えて良いのは、お互いに信頼関係を築けると判断した場合のみ。
デートクラブなどでは偽名を登録し、偽のプロフィールを男性会員に表示させる仕組みになっています。
つまりパパ活中のあなたは、本当のあなたとは別人なのです。
割り切ってお手当だけの交際をするなら、パパに本名を伝える必要はありません。

パパ活で男性が喜ぶあだ名の付け方のポイント

それでは早速男性ウケするあだ名の付け方を学んでいきましょう!
避けた方が良い名前やその理由も解説するので、すでにあだ名をつけている人は見直してみてください。

あ行から始まる名前は連絡率アップ

アドレス帳は大体がカナ順に表示されるので、あ行の名前は連絡率が上がります。
特に複数のパパ活女子と連絡を取っている男性を狙う場合はあ行の名前が良いですね。
例として「あいり・アリサ・あい・あゆ」などはパッと目につきやすく、男性に思い出してもらいやすいです。

明らかな源氏名は避ける

たまにキャバ嬢風の源氏名をつけている女性がいますが、これはNG。
パパ活をしている男性は素人女性とのデートを求めているので、プロっぽい名前は嫌われます。
また「一条 有里華」など、ちょっと読みづらかったり明らかに本職の女性っぽい名前は避けましょう。

清楚っぽい名前が男性ウケ

男性は基本的にパパ活女子に清楚さを求めるものです。
普通っぽい名前、清楚っぽい名前がウケが良いので、偽名をつけるならお嬢様系の名前を選びましょう。
ゆかり、りか、ゆりなど違和感のない名前が一番です。
考えつかない場合は、自分の本名を少し変えてみると名前をつけやすいですよ。
例えば「ゆり→ゆう」「りか→りさ」など1文字変えるだけでも本名っぽいですよね。

名前の後の趣味に関する内容を入れるのも○

サイトのプロフィールなどには、名前の後に趣味関連の文言を入れるのも良いでしょう。
名前を見ただけであなたの趣味がわかり、興味が同一のパパが見つかりやすくなるからです。
例えば「ちあき@サッカー観戦が大好き」などとしておくと、男性からはサッカーが好きなんだと一目で分かります。
プロフィールの内容を熟読してアクションしてくるパパは稀なので、名前から趣味嗜好を伝えるのも良いでしょう。

芸能人の名前にちなんでつけるのもOK

よく似ていると言われる芸能人がいるなら、その名前を使っても良いでしょう。
石原さとみに似ているなら、さとみなどあなたの容姿が伝わりやすくなります。
パパからの容姿の期待度も上がるので、見た目に自信がある方は積極的に使ってみてください。
プロフィールにも、似ている芸能人を書いておくと男性からのアクションがぐっと増えますよ。

男性受けする名前をつけてマッチング率アップ

プロフィールや写真の他に名前にもこだわるとマッチング率がアップします。
パパ活市場はどうしても女性の数が多く、パパに対しての競争が激しいのが現状。
ライバルに差をつけるためにも、男性ウケする名前を選んでパパをゲットしましょう。