P活パパは良い太パパであればあるほどパパ活女子から褒められ慣れているものですし、喜ぶツボも同年代の男性とは異なっているのでP活デート中にパパにどんな言葉をかければ良いのか分からず、褒め方や声のかけ方に迷ってしまうというパパ活女子は多いです。

そこで、P活パパがP活デート中にパパ活女子から言われると本心から嬉しい気分になり、その子をひいきしてあげたくなるような言葉を4つ紹介します。

P活パパがパパ活女子から言われたい言葉4つ

その1 「仲良し親子に見えていたでしょうね!」

P活パパはパパ活女子とデートをしている時、心のどこかで『今の俺たちは愛人同士に見られているんじゃ…』と周りの目を気にしがちです。

ですから、飲食店などから出た時にパパ活女子から「きっと仲良し親子に見られていたでしょうね」という言葉をかけられると安心することが出来ますし、次からはそのつもりでP活が出来ますので引っかかりなくパパ活女子との時間を楽しめるようになってきます。

この言葉にはパパを安心させられるだけでなく、パパの下心を無くして身体の関係なしのデートをしやすくなるというパパ活女子にも嬉しい効果がありますので積極的に使っていくようにしていきましょう♪

その2 「○○さんといる時が一番楽しい」

シンプルですが、「○○さんといる時が一番楽しい」などパパが1番の男性だと明言するとパパはものすごく喜びます。

これはパパがP活をするのは『自分を良い男に見せたい!』という欲求や『自分にも若い女性を喜ばせる能力があるんだ!』といった感覚を味わうためである事がほとんどだからで、この言葉をかけられるとパパのそういった欲求や感覚が満たされ、かなりの満足感を引き出す事が出来るようになっているからです。

P活慣れしている感を出さないためにもこの時の比較対象は友人や過去の同年代の彼氏にし、「友達と遊んでる時もこんなに笑ったこと無くて…」といった言葉をつけ足しておくとよりパパに喜んでもらうことが出来るでしょう。

その3 「○○が同じですよね!」

「私と○○さんって考え方が同じですよね!」や「私と○○さんって食べ物の好みが同じですよね!」など、パパと自分の価値観や考え方、食べ物の好みなどが同じであると喜んで見せるとパパも喜んでくれる事が多いです。

これはP活パパを始めとした年上男性が価値観や好みといったものが一緒の人間に親近感を抱きやすく、さらにその相手が異性の場合『俺たちの相性はピッタリだ!』と感じやすい性質を持っているからです。

パパの方もどうせ支援をするなら相性の良い女性が良いと思っている事がほとんどなので、P活の時はパパとのちょっとした共通点を見つけてその部分を押し出していくといいでしょう。

共通点が全くないという場合、パパと同じタイミングでグラスを持ち上げて飲み物を飲む、話のテンポやおしゃべりのスピードをパパに合わせるといったミラーリングを利用しても構いません。

その4 (身体の関係ありの場合のみ)「キスが上手いですよね…」

身体の関係があるパパが相手の場合、「キスが上手いですよね…」などパパのテクニックを褒める言葉をかけるととても喜ばれるでしょう。

P活パパはパパ活女子と同年代の男性よりもテクニックには自信があると自負している事がほとんどなので、その自信を肯定してもらえるとパパはとても安心し、同時に相手パパ活女子との相性の良さを確信してこれまで以上の支援を考えてくれるようになっています。

パパのキステクニックを褒めた場合、これまで以上に何度もキスをしてくれるようになりますからキスが嫌いなパパ活女子はキス以外でパパにされたいorされても良いベッドのテクニックを褒めてあげるといいでしょう。

まとめ

P活パパに気に入ってもらうにはパパの自尊心に注目し、『○○ちゃんは俺を良い男だと思っている!』と感じてもらうことが大切です。

同じパパが相手でもこの部分を気にするかどうかで支援の額やプレゼントの額が大きく違ってくる事も多いので、P活をする時はパパへの一声も意識しておき、P活パパが自分から太パパに変身したくなるパパ活女子を目指しましょう♪