パパ活は、大人の男性とデートをするだけで簡単に大金を稼ぐことができる!と世間では思われているかもしれません。しかし、パパ活によって起こるトラブルも数多くあります。そこで今回は、パパ活でよく起きるトラブル”食い逃げ”を回避するため、パパと会う前に安全なパパかどうか見極めるポイントについて5つご紹介していきます。

①見た目や言動に不快感がない

プロフィールの写真やメッセージのやり取りから、不快感が無いかどうかきちんと確認しましょう。実際に食い逃げをされたことがあるというパパ活女子に聞いたことがあるのですが、『「見た目に清潔感が無く、落ち着きがない人で、本当にお金を持っているのかな…」と疑問に思いつつ食事デートをしていたら、トイレに行った際に逃げられていた』と言っていました。お金を稼ぐビジネスマンであれば、身だしなみや言動には必ず気を使います。プロフィールを見て、必要であれば何枚か写真を送ってもらうようにお願いしてみるといいかもしれません。

②やりとりの文章が不自然

会う前のメッセージのやり取りの文章が不自然な男性は、地雷な人が多いので注意が必要です。無駄な改行や句読点、絵文字の乱用、不自然な日本語を使った文章などが目立つ際は危険な男性の可能性が大。どんなに好条件を出されても、やりとりが不自然な場合は疑ってあまり会わないようにしたほうが良いでしょう。

③個室デートに誘ってくる

最初から個室デートに誘ってくる男性は、食い逃げはもちろん他にもさまざまな被害に遭う可能性が高いので、絶対に会ってはいけません。カラオケなどの個室やドライブデートといった場所は、危険な目に遭ってもなかなか周囲に助けを呼ぶのも難しいです。被害に遭わないためにも、個室デートを提案してくる男性とは会わないほうが良いでしょう。

④相場より高いお手当を提案してくる

パパ活女子が食い逃げ被害に遭った際に出会った男性で一番多いのが”相場よりも遥かに高いお手当を提案してくる男性”です。相場よりも遥かに高いお手当をまだ会ったこともない女性に提案してくる男性はなかなかいません。お金に踊らされてデートに行って、食い逃げ被害に遭わないよう気をつけましょう。

⑤”お小遣いは先払いで”と伝えて良くない反応をする

食い逃げされないように「お手当(お小遣い)は先払いしていただいてもよろしいでしょうか?」と事前に聞くことは大切だと思います。その際に、
「信用してくれないの?食べたあとにちゃんと渡すよ」
「みんな食後の後払いでデートしてくれるよ」
などとなんとか理由をつけて先払いを拒否してくる男性は、食い逃げする可能性が高いので「それでしたら、お会いすることはできません。」ときっぱり断りましょう。

まとめ

今回は、パパ活の中でも被害の多い食い逃げ被害を回避するため、パパと会う前に安全なパパか見極めるポイントについてご紹介しました。パパ活では自分の身は自分で守らなければいけないため、危険なパパを自分できちんと見極めてリスク回避しましょう!