「花粉症だけどパパ活でマスクしてても大丈夫?」
「パパ活デートの時に花粉症で集中できない!」

2月から徐々にスギ花粉が飛び始め、花粉症の方にとってはかなり辛い季節がやってきますよね。

とはいえ花粉の時期にパパ活を休むなんてことはできないはず。

そこでこの記事ではマスクなしで安心してパパ活するための7つの小物を紹介します。

花粉症を持つパパ活女子必見の内容です!

マスクなしでも大丈夫!花粉症のパパ活女子が持つべき7つの小物

パパ活中にマスクをしてしまうと、顔が隠れてしまうのでパパからは悪印象。

もちろん慣れたパパなら許してくれるかもしれませんが、顔合わせやまだデートし始めたばかりのパパには気を使ってしまいますよね。

そんな方は今から紹介する7つの小物を持っておきましょう。

ノーズマスク

ノーズマスクとは、その名の通り花の中に入れるマスクです。

外からは見えないので、顔を覆い隠す心配が入りません。

2,000円弱と少し値段が高いと感じるかもしれませんが、洗って何度も使えるので経済的。

出かけるときにノーズマスクを花の穴に入れておけば、1日花粉のムズムズを感じなくて済みます。

鼻にしっかりフィットさせれば、マスクしていることに気づかないほどです。

花粉ブロックスプレー

花粉ブロックスプレーも併用しておくと良いでしょう。

特に肌が荒れてしまうパパ活女子は必ず持っておくべき。

顔や衣服に振りかけておけば、イオンの膜を作って花粉から体を守ってくれます。

メイクした上からスプレーできるタイプもあり、パパ活女子に強い味方になってくれるでしょう。

持ち歩いて化粧直しの際に重ね付けすると効果がアップするので、ポーチに1つ入れておいてくださいね。

目薬・点鼻薬

目薬や点鼻薬も持っておくと良いですね。

花粉は目の粘膜を刺激して痒みを引き起こします。

また朝起きてすぐにアレルギー反応が出てしまっている場合、点鼻薬で症状を抑えてからノーズマスクを使いましょう。

オススメは病院で処方されるものなのですが、最近は薬局でも抗ヒスタミン作用のあるものが売られています。

ドラッグストアの薬剤師さんに相談して購入しておきましょう。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬を服用するとかなり花粉症が楽になります。

パパの前でくしゃみを繰り返せない!という方はあらかじめ飲んでおくと良いでしょう。

アレルギー薬は効果が強めで眠気が出る可能性があるので、お酒を飲む予定の日は控えてください。

病院で処方してもらう、またはドラッグストアでもアレグラなどが売られています。

自分の体質に合う抗アレルギー薬を手に入れて飲んでおきましょう。

メガネ

メガネをかけると目に花粉が入るのを防ぐことができます。

花粉防止メガネというとゴーグル型のものを連想すると思いますが、最近はおしゃれメガネのようなデザインのものもあるんですよ。

メガネをかけるといつもと雰囲気が変わり、意外とパパ受けする可能性も。

花粉症の時期だけメガネ女子に変身してパパと会ってみるのも良いでしょう。

ウォータープルーフマスカラ・アイライン

ウォータープルーフマスカラやアイラインも必需品です。

花粉の時期は涙が出やすく、メイクが滲んだりぼやける可能性が高いでしょう。

少しでもメイク崩れを防止するため、水や汗に強い化粧品を選んでください。

綿棒

綿棒もポーチに何本か忍ばせておきましょう。

涙でアイメイクが崩れたり、鼻の下のファンデがよれた時に手早く化粧直しできます。

綿棒で目元を拭ったり、ポイントメイクを落とす時にとても役立ちますよ。

花粉症の時期はメイクも崩れやすくなるもの。

綿棒を必ずポーチに忍ばせておいてくださいね。

まとめ

花粉症のパパ活女子の必需品を7つ紹介しました。

早めに病院に行き薬を処方してもらい、なるべく症状がデート中に出ないように気をつけましょう。

今回紹介したグッズを併用することで、マスクなしでも外出することができます。

2月から花粉症シーズン、パパ活をお休みしないためにも今回紹介したグッズを役立ててくださいね。