「なるべく高収入のパパと安定してお付き合いしたい!」
「高収入パパと出会えたけど、次のデートのお誘いが来ない…」

そんなあなたは日頃の言葉遣いや仕草を見直してみましょう!

もしかすると高収入パパに嫌われがちな言葉遣いや仕草を無意識にしてしまっているのかもしれません。

今回は経済的に豊かな太パパ候補たちが嫌う言動・仕草を紹介していきます。

高収入パパに嫌われがちな言葉遣いや仕草

裕福な男性は基本的に自尊心が高いです。

なので自分とお付き合いする女性も、できるだけ自分と釣り合う素質を持っている女性を選びます。

その素質とは地頭の良さと上品さ。

言動や仕草で品が悪い、頭が悪そうと思われると一気に興味を失うのが高収入男性たちなんです。

今回はそんなパパたちに嫌われないためのNGな言動と仕草を紹介していきますね。

〜っすよという語尾

語尾に「〜っすよ」とつけてしまう癖のある方は今すぐ直しましょう。

正しい敬語ではありませんし、目上の男性に対して失礼に当たります。

大学や身近な先輩には許されるかもしれませんが、パパ活では許されない語尾です。

「です」「ます」がきちんと使えるように気をつけましょう。

ヤバイ!などという若者言葉

ついつい口癖で「ヤバイ!」とか「つらみ〜」とか流行り言葉を使うのもNGです。

ヤバイは下品に見えますし、若者言葉はそもそも意味が通じないことがあります。

同級生や年の近い人同士の会話でつい使いがちな言葉ですが、パパ相手には控えるのが正解。

また意味の分からない言葉は「どういう意味?」と会話のリズムを悪くさせるので使わないようにしてください。

敬語と謙譲語がごちゃごちゃ

たまにいるのですが、敬語と謙譲語がごちゃごちゃになっている人も気をつけましょう。

非常に頭が悪い女性に見えてしまうからです。

例としてパパに「今日はどこに行ったの?」と質問するとしましょう。

×「今日はどこに伺われたんですか?」
○「今日はどこに言ってらっしゃったんですか?」「今日はどこに行かれたんですか?」

伺うは謙譲語で、自分の行動を下げて相手を立てる時に使う言葉。

謙譲語と敬語が混ざっていると、賢くない印象を与えるので気をつけてくださいね。

頬杖・腕組み

相手に失礼に当たるのが頬杖や腕組み。

頬杖は「退屈してる」という印象を与えますし、腕組みはなんだか偉そうに見えてしまいます。

特に年上の男性は不快に思うことが多いので、手は膝に置くかテーブルに添えるかしておきましょう。

足を組む

癖でついつい足を組む方も直した方が良いでしょう。

テーブルなどあと足がぶつかることもありますし、腕組み同様に偉そうに見えるからです。

パパ活中は足を揃えて軽く横に流すように座ると美しく見えますよ。

手を叩いて笑う

これはパパの好みにもよりますが、笑う時に手を叩くのも嫌う人が多いです。

理由は下品に見えるから。

楽しさを表すのはとても良いことなんですが、手を叩いてしまうとちょっと芸人さんみたいに見えますよね。

笑う時は思いっきり笑って良いですが、お腹を抑えて「面白い〜」と言った方が女性らしく上品です。

日頃から笑う時に手を叩く癖がある人は気をつけておきましょう。

まとめ

今回は高収入男性が嫌う言動や仕草を紹介しました。

太パパを掴むには、マナーや品・教養も必要です。

特に高収入男性は「一緒にいて恥ずかしい女は嫌だ」と思っていることが多いので、賢げで品のある振る舞いを心がけましょう。

今回紹介した仕草が言葉は、特に若い子が無意識にやりがちなものばかり。

悪気がなくても男性に不快感を与えてしまうので、せめてデート中は意識してやらないようにしてください。

パパの前での振る舞いを変えると、男性の態度も目に見えて変わってきます。

是非この記事の内容を頭に入れておき、パパに好かれる上品女子になりましょう!