P活をしていると、P活パパから「どこ行きたい?俺はどこでも良いよ!」といった言葉を言われる事があると思います。

こんな時素敵な高級レストランやデパートに行きたいと思うパパ活女子は多いでしょうが、ストレートにそれを言ってパパから強欲な女だと勘違いされてしまうのは避けたいですよね…。

そこで、パパの「どこでも良いよ」を高級店デートに変えることが出来る上手な返し方を4つ紹介していきます。

「どこでも良いよ」を高級店デートに繋げるパパ活女子の返し方4つ

その1 私が行った事のない所に行ってみたいです!

関係が浅いP活パパにもそれなりに深いP活パパにも使えるスタンダードな返し方。

私が行ったことの無い所=私の経済レベルでは行けない所となりますので、この返し方をするとパパは普通の女性では行けないような特別なデート場所を提案してくれるようになるでしょう。

この言葉に「いつもファミレスやチェーン店ばかりなので…」と付け加えれば自然にお食事デートを希望する事が出来ますし、「いつも同じ場所でお買い物してばかりなので…」と付け加えればお買い物デートを希望する事が出来ます。

この返し方を使う時は自分の希望に合わせて適度に言葉をアレンジしてみて下さいね♪

その2 夜景が綺麗なレストランでお食事がしてみたいです

都市部に住んでいるパパ活女子に特におすすめの返し方。

基本的に都市部のビルは景観が良く気軽に入れない高層階ほど高級なお店が入りやすく、高い場所にあるレストランを希望すると自動的に高級店になりがちです。

ですから、「どこでも良いよ」と言われた時にこの返し方をすると三ツ星ホテルのレストランなど普段行けない場所をデート場所に指定してくれることがかなり多くなってきます。

『夜景が綺麗な場所で食事をしたい』というのは女性共通の憧れだと言えますので、この言い方なら生々しくなくパパにも受け入れてもらいやすいです。

高層ビルが街中にあまり建っていない都市部から少し外れた場所でP活をしているパパ活女子の場合、『おしゃれして行けるレストラン(お寿司屋さん)に行きたいです』という返し方をすると都市部のパパ活女子と同じような高級店に連れて行ってもらいやすくなりますよ♪

その3 ○○さんのとっておきの場所に行きたいです

知り合って少し経ったP活パパ向け。

女性を連れて行く“とっておきの場所”がチープな店である事はほぼないので、この返し方をするとかなりの確率で会員制のレストランなどこれまで以上のランクのお店に連れて行ってもらえるでしょう。

この言葉を使うとP活パパは『この子は自分に個人的な興味を持っているのでは?』と感じるので、パパへの信頼感をアピールしたいパパ活女子にもかなりオススメの返し方となっています。

この返し方を使ったデート当日は『どんな時にこのお店に来ているのか?』というパパの思い出話を聞くのを忘れないようにして下さいね。

その4 お父さんの誕生日プレゼントも見たいので…

高級百貨店など素敵な場所でお買い物デートをしたいパパ活女子向けの返し方。

何の理由も無くいきなり高級百貨店に行きたいと言われると警戒するP活パパは多いですが、理由があればパパの方も違和感なくデパートに連れて行ってくれる事がほとんどです。

あとは当日P活パパにアドバイスをもらいながら男性物っぽいプレゼントを買い(予算を理由にすれば安い物でもOK)、その後「一緒に服も見て良いですか?」といった言葉を使えば自然にお買い物デートにシフトすることが出来ますよ♪

まとめ

高級店に連れて行ってもらえる「どこでも良いよ」の返し方を4つ紹介していきました。

P活パパと高級店デートをしたい時はパパの方から「それじゃあ○○に連れて行ってあげるよ!」と言ってもらえるようにすると欲張りな女感が出ず、自然に高級店に行く事が出来るようになってきます。

日常的に高級店へ連れて行ってもらえるようになると生活の質も変わりますし、まとう雰囲気も一段階上のものに変わってきますから「どこでも良いよ」と言われたら是非とも今回紹介した返し方を使ってみて下さいね♪