「パパ活なんて20代しか需要ないんでしょ?私には無理」
「もう30代だけどパパ活に興味がある…でも勇気が出ない」

そんな30代の女性に朗報です!

実はパパ活市場で活動している女性は20代が多いですが、人気があるのは30代。

30代だからってパパ活できないなんてことはないんです。

パパが求めている要素を兼ね備えている女性が多いため、需要が高いというデータも取れています。

今回はパパ活で20代より30代が実はモテるという理由を説明していきますよ。

30代でパパ活に一歩踏み出せない方は参考にしてみてくださいね。

パパ活で20代より30代がモテる理由

実はパパ活では20代より30代がモテるんです。

  1. 歳が違いので話が合う
  2. キャピキャピしたノリが苦手な男性が多い
  3. 自立した女性を応援した男性が多い
  4. 包容力があり聞上手が多い
  5. 大人の割り切った関係に理解がある女性が多い

これらの理由によりあえて30代女性を相手に選ぶパパもいるほど。

それぞれの理由を詳しくみていきましょう!

歳が違いので話が合う

パパ活世代の男性は40代〜50代がメイン。

30代女性とは比較的年齢が近く、価値観や話が合いやすいんです。

20代や10代の学生だと経験値も違いますし、話題に困ってしまうという男性も多いもの。

逆に30代ならすでに働いている女性が多いですし、会社の話や知っている芸能人の話など共通の話もできるのです。

若い子と気を使ってデートするよりも気楽なため、30代女性とデートしたがる男性も多いんですよ。

キャピキャピしたノリが苦手な男性が多い

若い子特有のキャピキャピしたノリが苦手な男性も多いです。

特に学生や20代前半の女子は若者言葉が多かったり、考え方なども40代男性からすると宇宙人みたいに見えるそう。

一緒に食事をしていても落ち着きというよりは、子供のようにはしゃいだりする若いノリが目立ちます。

落ち着いた飲食店に連れていきづらい、何より若いノリに疲れてしまう男性も多いんです。

そのため逆に落ち着いた雰囲気の30代女性が好まれる傾向にあります。

自立した女性を応援した男性が多い

パパ達は体やデートのためだけにお金を払っているわけではありません。

一生懸命働きながら夢を追っている女性に価値のある投資をしたいと思っているわけです。

そのため若い子はお小遣い稼ぎに「食事だけでお手当てください!」と言ってくることに嫌悪感を持っている男性も多数。

逆に30代女性はすでに自立して働いている人も多く、お金を稼ぐ大変さも理解しています。

30代のパパ活女子は独立など夢のために活動している人も多いです。

男性もお金を払うことでその夢を応援する満足感も得られるんです。

包容力があり聞上手が多い

30代女性の包容力や聞上手な部分を好む男性も多いです。

20代女性は聞くよりも自分の話をしたい!っていう女性が多くいます。

例えばパパが自分の話をしても「わかるわかる!私もこの間さ〜」のように、自分の話にすり替えてしまう子が多いんですよね。

しかし30代女性はお金をもらっている自覚もあり、相手の話を黙って聞くことができます。

さらに男性を否定することなく話を聞いてくれるので、包容力を感じるそうですよ!

20代の女性より人生経験も多く、目上の男性への接し方も心得ているのが30代の女性の良いところです。

大人の割り切った関係に理解がある女性が多い

30代女性は大人の割り切った関係に理解がある人が多いです。

パパ活している男性は既婚者が多く、ガチ恋になられると面倒だなと感じています。

しかし30代でパパ活している女性、特に既婚者はお互いに家庭があるので安心なんです。

また独身を貫いている女性も自立しているため、男性に依存することなく割り切った関係を持つ人が多いでしょう。

そのため男性にとってもある意味都合が良い、それが30代女性がパパ活市場で人気の理由の1つです。

まとめ

今回は30代女性がパパ活で人気がある!という理由についてお話ししました。

記事を読んでいただいた30代女性のあなた、ちょっとパパ活に自信が出てきたのではないでしょうか?

若い女性の需要は確かに高いですが、30代女性の落ち着きや経験値は何にも代え難いものです。

自信を持ってパパ活に挑戦し、世の男性たちを癒してあげましょう!