「パパ活を始めたけど体の関係前提のメッセージばかり」
「素敵な方に会えたけどゆくゆく大人の関係を持ちたいと言われた…どうしよう」

パパ活は夢を持った女性を応援するあしながおじさん的なものと考えている女性が多いでしょう。

しかし実のところ8割のパパは体の関係を手っ取り早く持ちたい下心を持った人たちです。

2割の男性だけが食事だけでお手当をくれるいわゆる神パパ。

しかし断り方によっては相手の感情を傷つけず、食事だけでの関係を維持できる可能性があります。

パパに体の関係を持ちたいと言われて困っているパパ活初心者さんは是非読んでみてください。

パパ活での体の関係の断り方

バッサリと「嫌です」と伝えると条件が合わないということで男性から関係を切られることが多いでしょう。

相手が拒否されたと感じないような断り方をすることで、あなたの希望するお食事だけの関係を持てるかもしれませんよ。

特に初心者さんは是非いくつかの断り方のバリエーションをつけておきましょう。

「まだ始めたてなので…」と食事やデートだけの関係を希望する

初心者さんはパパ活を始めたてということを武器に断りましょう。

「まだ始めたてだから、大人の関係でのパパ活は怖くて」と素直に伝えてOKです。

男性も女性からなるべく好感を持たれたいと思っているので、しばらく待とうという気分になれるでしょう。

下心を完璧に消すことはできませんが、次の食事パパを探すまでのつなぎにはなるはず。

初心者さんは一番無難かつ相手の感情を損ねない「パパ活初めて」を使ってみてください。

「〇〇さんを尊敬しているので関係を進めるのが怖い」と伝える

次に男性を尊敬している気持ちを伝えつつ断る方法もあります。

「〇〇さんを尊敬しているので関係を進めるのが怖い」と言ってみてください。

尊敬と関係を進める因果関係はじっくり考えると謎なのですが、男性は尊敬というワードに弱く、強く体の関係を迫りづらくなるのです。

自分を尊敬してくれている女性に「じゃあ関係は終わり」とも言えず、なんとなく食事パパに持ち込むことができます。

「エッチしないと会ってもらえませんか?」と拗ねる

容姿に自信がある方は「エッチしないとあってもらえませんか?」と可愛くすねましょう。

体しか魅力がないとは言えませんから、相手の男性も「ごめん」と謝ってくるはずです。

表情は大袈裟に悲しい顔を作ってください。

男性は女性に悲しい顔をされると弱いため、「そういうつもりじゃないんだけど」と弁解の姿勢に入ります。

弁解が始まったら「じゃぁしばらくご飯だけでも良いですよね?」と伝えましょう。

(相手が既婚者の場合)「ご家族に申し訳ないのでデートだけしたい」と伝える

相手が既婚者の場合は「ご家族に申し訳ないのでデートだけしたい」と伝えましょう。

「〇〇さんのことは好きだけど、やはり不倫はちょっと」という言い方です。

相手も家庭がある落ち度があるので、それ以上強く迫ることはできないはず。

男性に現実を突きつけて冷静にさせ、体の関係を迫られるのを回避することができます。

まとめ

今回はパパ活初心者さんに向けて、体の関係を断る方法をお伝えしました。

いくつかの例を紹介しましたが、ポイントは相手の感情を傷つけないこと。

なぜなら男性はプライドが非常に高い生き物で、拒絶されると感情的になってしまうからです。

穏便にかつあなたの要求を通すには、プライドを傷つけずに相手を持ち上げながら断るのが一番。

涙を流して男性を動揺させて要望を通す方法もあります。

いくつかの例を紹介したので、相手のタイプや状況に合わせて使い分けてみてください。

万が一交渉がうまくいかなくても、次々パパを探していきましょう!