「パパがお手当を渋るようになったから関係を精算したい」
「彼氏ができたからパパ活はもうやめようかな」

そんな時に逆恨みされずに綺麗に別れたいですよね。

そこで今回はパパ活での上手な別れ方と、別れ話をする際の注意点を3つずつ紹介します。

もっと良いパパができたから乗り換えたい、パパと別れてパパ活自体をやめたい場合は参考にしてください。

パパ活での上手な別れ方とは?

パパに逆恨みされずに上手に別れる方法を紹介します。

ポイントは「やむを得ない」という事情を伝えること。

男性に問題があると思わせてしまうと逆恨みの原因になるので注意しましょう。

身バレ・親バレを言い訳にする

1つ目の方法は身バレ・親バレを言い訳にすることです。

会社や友達、親にバレるのが不味いことは男性側にもよく分かるので、納得してくれやすいでしょう。

理由が男性になく、周囲や親にバレたことが原因ならば男性の感情も傷つきません。

実家・仕事の都合で遠方に行くことを伝える

2つ目の方法は実家や仕事の都合で遠方に行くことを伝えることです。

例として親の看病とか転勤を理由にすると良いでしょう。

物理的に距離が離れれば会えなくなるのは仕方ないことなので、男性も気持ちに整理がつけやすいのです。

注意点としてこの嘘を使う場合は、パパの生活圏内で鉢合わせないようにすること。

しばらくはパパの会社やよく飲んでいる地域には出かけないようにしてください。

結婚するなどの事情を伝える

3つ目の方法は結婚するなどの事情を伝えることです。

これは相手の男性が既婚者である時に使ってください。

自分も結婚しているので、相手に彼氏がいたり結婚したりを責めることはできないはず。

「おめでとう」とは言えるけど、そこで「こんなに尽くしたのに!」なんて怒り出す人は少ないでしょう。

相手が既婚者である場合は、自分の結婚などを理由に別れを告げるのもOKです。

パパに別れを伝える時の注意点

次にパパに別れを伝える時の注意点を紹介します。

特に相手のパパが感情的なタイプ、日頃からマウントを取ってくるプライドの高い男性の場合は特に気を付けてください。

密室で別れ話をしない

パパと別れる時は密室で別れ話をしないようにしましょう。

万が一男性が怒り狂ってしまった場合、トラブルに発展する可能性があるからです。

カフェやレストランなどの一眼がある場所を選び、身の安全を確保してください。

直接会って感謝の気持ちを伝える

パパと別れる時は直接会って感謝の気持ちを伝えましょう。

メールなどで一方的に別れを告げられると相手が納得できず、ストーカーや逆恨みの原因になるからです。

人目のあるところで直接会って、これまでよくしてもらったことへの感謝をしっかり伝えてください。

誠意のある対応をすることが大切です。

涙や嘘もうまく使う

パパと別れる時は涙や嘘も上手く使いましょう。

男性は女性の涙に弱いので、泣かれるとどうしても相手に感情をぶつけられ無くなります。

また嘘も方便という言葉の通り、相手を傷つけないための嘘は多少ついても大丈夫。

綺麗に別れたいのなら、多少の嘘や涙を使って別れを告げましょう。

まとめ

今回はパパとの上手な別れ方についてご説明しました。

ポイントは男性にやむを得ないと納得してもらい、相手に非がないことを伝えること。

プライドを刺激しないようにすれば、相手も別れを了承してくれるでしょう。

注意して欲しいのは誠意のある別れ方をすることと、万が一のために周囲に人がいる場所を選ぶこと。

ここで紹介した方法で別れを告げてもしつこくされている場合は、連絡先をブロックするなど連絡手段を経つようにしてください。

パパと別れてすっきりしたら次のパパを探す、または彼氏と幸せになるなど前向きに過ごしましょう!