「せっかくパパと出会えたと思ったら大人希望だった!」
「お食事だけでお手当がもらいたいけど、どうやって断ろう…」

食事パパを希望している方は、なかなか思い通りのパパに出会えなくてがっかりしているかもしれません。

確かに最近のパパたちは大人の関係を前提に考えている人も多く、お断りするのもちょっと疲れてきますよね。

そこで今回は大人希望パパに出会った時に上手に拒否する方法をお伝えします。

体の関係を求められて困っているパパ活女子は是非試してみてくださいね。

大人希望パパを食事パパに変えるのは至難の技!

大人希望パパを食事パパに変えることができるか、と言うとかなり難しいです。

そもそも大人の関係を求めるパパは、パパ活の見返りをエッチと考えています。

「頑張る女の子を応援したい」と言う気持ちではなく、下心で動いているんですね。

そのため大人の関係を希望するパパを飯パパにするのは結構難しく、うまく引っ張っても数ヶ月でまた大人の関係を求められて関係が終わると言うパターンが多いです。

大人希望パパに出会ってしまった時に大人を拒否する方法は?

大人希望のパパに出会ってしまった時に大人を拒否する方法を紹介します。

引っ張る方法もあるのですが、数ヶ月で切れることは覚悟して次のパパを探しておくのがおススメ。

お金のために無理して大人の関係を持つ必要はないので、はっきり断りましょう。

顔合わせ前なら「条件が合わない」と伝える

アプリやサイトでの出会いで顔合わせ前なら、「条件が合わない」と伝えましょう。

例えば「私はお食事のみで支援してくださる方を探しています。大人の関係は考えていないので、今回は申し訳ありません」と伝えてみてください。

もしも相手があなたに興味を持っていたら「まずは食事から」と言ってくれることもあります。

サイトやアプリはブロックして関係を断つこともできるので、キッパリ断ってOKです。

顔合わせで言われたら「何度かデートして考えても良いでしょうか?」と聞く

顔合わせで大人の関係を希望されたらこう答えてください。

「何度かデートして考えても良いでしょうか?」

いきなり大人の関係を了承するのではなく、濁して断る作戦です。

実際に大人の関係を持てるか数回目のデートで聞かれたら、「大人の関係は罪悪感がある」と断りましょう。

数回分のお手当てをいただくことができますし、その場で気まずくなりづらいです。

騙すようで気が咎める方は、顔合わせで「条件が合わない」と伝えても大丈夫ですよ。

デート開始後に大人の関係を迫られたら「飽きられそうで怖い」と言う

何度かデートしていく中で大人の関係に進みたいと言われたら「飽きられそうで怖い」と言いましょう。

男性は「飽きないよ」などと言ってくると思いますが、「気が進まない」と言い続けてください。

あなたに男性がどれくらい夢中になっているかで、ここで関係が切れるか男性が諦めるかが決まります。

相手の男性があなたをかなり気に入っている場合は我慢してくれることもありますよ。

しつこい場合は関係を切る

万が一しつこく大人の関係を迫られた場合は、ブロックや連絡先を拒否するなどして関係を切りましょう。

普通の男性は一度拒否されたらそこまで強く迫ってこないものです。

何度もしつこい男性はやや性的な執着が強く、危険性が高いので二人きりになるのも避けてください。

メールなどで「もう終わりにしたい」と伝えて、連絡先を拒否して関係を断ちましょう。

まとめ

今回は大人希望のパパにあった時に拒否する方法を紹介しました。

曖昧な言い方をして気を持たせる方法もありますが、一番良いのは「大人の関係は持ちたくない」と伝えること。

男性に期待を持たせて引っ張ると後々怒りを買ったり、逆恨みされることがあるからです。

安全にパパ活するためにも、断る勇気を持ってくださいね!