「パパ活とギャラ飲みって何が違うの?」
「デートクラブって言葉を聞いたけど、何をするところなんだろう?」

パパ活関連のワードでよく出てくるのが、ギャラ飲みやデートクラブ。

実はこの3つの言葉は全く違う意味を持っていて、目的やお手当のもらい方が違うんです。

今回はパパ活とギャラ飲みとデートクラブの違いを紹介するので、初心者パパ活女子は是非読んでみてくださいね。

パパ活とギャラ飲みとデートクラブの違い

まずパパ活・ギャラ飲み・デートクラブの3つの言葉の意味を説明します。

自分の目的や会う稼ぎ方はそれぞれあると思うので、どれを使うかは自分次第。

まずはそれぞれの概要を知って、そこから何を始めるか決めて行ってください。

パパ活とは

パパ活とは男性とデートをしてお手当をもらうことです。

大人の関係は含まず、夢を持った女性を男性が経済的に支援するのが本来の意味。

エッチなしで健全なデートをするだけなので、相手が既婚でも不倫には当たりません。

アプリやサイト、交際クラブなどでパパを探して出会うことが多いですね。

お手当はデート内容によって決まり、拘束時間は相手の男性によります。

ギャラ飲みとは

ギャラ飲みとは、飲み会にギャラ(お給料)をもらって参加するホステスのような仕事です。

ギャラ飲みアプリやサイトに登録をし、飲み会の依頼があったら参加して時給分のお金を受け取ります。

まれに知り合いに頼まれてお給料をもらって飲み会に参加することもありますね。

時給でお金が発生するため、お手当を貰えないと言うことがない点は安心です。

こちらも大人の関係は発生せず、飲み会に参加して場を盛り上げるのが仕事内容。

ギャラ飲みの場で出会った男性とその後パパ活に発展することもあります。

デートクラブとは

デートクラブ(交際クラブ)は本来デート相手を探すための場所です。

男性は愛人探しやカジュアルな関係を求めて登録し、女性はハイスペックであったり、社会的に成功されている素敵な男性との出会いを得るために登録をしています。

登録には男性は費用が必要で、女性は容姿や内面が優れていることなど条件があることが多いです。

会社の仲介で出会ったあとは自由恋愛という形なので、セックスも案に含んだ紹介と言えるでしょう。

もちろんデートクラブでパパを探すことも可能ですし、大人の関係を求めない方もいます。

パパ活・ギャラ飲み・デートクラブの違いとは

3つの言葉の意味を知ったところで、違いを説明していきます。

パパ活は基本的に誰でも始めることができ、大人の関係なしで金銭的な支援をもらうことができるもの。

ギャラ飲みも誰でも参加可能かつ、時給でお手当が発生します。

デートクラブは自由恋愛を謳っているため、大人の関係や愛人探しに利用されることが多いです。

パパ活とデートクラブは非常に密接で、最近は安心できるパパ探しの場所としても使われていますよ。

ギャラ飲みはいわばフリーのキャバ嬢的な感覚で、パパ活やデートクラブとは少々意味が違います。

  • 純粋に支援だけを求めるのがパパ活
  • 愛人関係になる可能性があるのがデートクラブ
  • 飲み会に参加して時給分のお金をもらうのがギャラ飲み

キャバクラなどの経験がある方はギャラ飲みでも十分稼げますし、見た目に自信がある方はデートクラブで愛人契約が結べる方を探すのも良いでしょう。

まとめ

今回はパパ活とギャラ飲みとデートクラブの違いについてお話ししました。

どれも似てはいますが、利用できる条件や目的が違うのがわかりましたね。

デートクラブやギャラ飲みを利用してパパを探すこともできるので、まずは自分のとっつきやすい方法から始めてみてください。

アプリやサイトを使って気軽にパパ探しも可能ですし、デートクラブで経済的に裕福で支援してくれる男性を探すこともできます。