「いつも優しいパパがこないだ初めて怒った…」
「会話の途中で機嫌が悪くなるパパ…どうやって対応すればよかったの?」

パパ活をしていて男性を怒らせてしまったこと、パパ活女子にはよくあることだと思います。

怒りのポイントは人それぞれですが、最低限怒らせないようにする方法と怒りを鎮める方法を知っておきましょう。

急に男性が怒り出しても慌てずに対応すれば、相手も機嫌を直してくれますよ!

パパ活でパパを怒らせない方法

パパ活でパパを怒らせないための方法を知っておきましょう。

相手は大抵の場合年上、そうでなくても社会的地位は高めなのでプライドが高く、礼儀にうるさいことが多いです。

心は広めの人が多いですが、失礼のない態度を常識の範囲で心がけましょう。

知ったかぶりをしない

パパ活でパパを怒らせないためには知ったかぶりをしないことです。

なんでも知った風な口を聞いたり、賢く見られようとする態度は相手をイライラさせます。

知らないことは素直に質問したり、そうなんですね!と感心した態度を取る方が無難でしょう。

生意気な口を聞かない

パパ活でパパを怒らせないためには生意気な口を聞かないことです。

特に年上の方から許可が出ない限りはタメ口を聞いてはいけません。

また若者言葉や流行り言葉も下品に見えたり、相手に生意気な印象を与えるので控えましょう。

マナーを守る

パパ活でパパを怒らせないためにはマナーを守ることです。

例えばくわえ煙草をしないことやレストランで大声を出さないなど最低限の常識を踏まえた行動を。

ドタキャンや遅刻などもパパにストレスを与える要因です。

お金をいただく立場ですから、相手を取引先だと思ってマナーある行動を心がけてください。

パパの怒りを鎮める方法

万が一パパを怒らせた時にパパの怒りを鎮める方法をお伝えします。

相手の怒りの感情を他の感情にすり替えることがコツです。

誠意を持って謝る

パパの怒りを鎮める1つ目の方法は誠意を持って謝ることです。

とにかくイラっとさせたら謝罪しましょう。

男性に謝る場合は言い訳をせずに「無神経でした、すみません」など怒らせた理由を自覚していること+謝意を伝えるようにしてください。

悪い点を認識していることが伝われば、相手も許してくれるでしょう。

泣く

パパの怒りを鎮める2つ目の方法は泣くことです。

謝っても相手が不機嫌な様子の場合は、少し涙を使ってみてください。

相手の男性も女性に泣かれると途端に自分が悪いという気持ちになり、怒りよりも罪悪感が強くなります。

どうしても相手が許してくれない場合は泣いてみましょう。

相手を褒めて機嫌をとる

パパの怒りを鎮める3つ目の方法は相手を褒めて機嫌をとることです。

まず謝ってみてまだ不機嫌なようなら、今回怒ってくれたことに感謝の気持ちを示すのです。

例えば「怒ってくれて良かった。自分の悪いところに気づかせてくれてありがとう。本当に〇〇さんといると勉強になる」と相手を持ち上げてみてください。

怒るという行為はネガティブな感情なので、感謝というポジティブな感情で返されると男性は「俺が怒りすぎたのかも」と冷静になれるのです。

怒りに対して感謝や賞賛で返すことで相手の怒りを鎮められるので試してみてください。

まとめ

今回はパパ活でパパを怒らせない方法と怒りを鎮める方法を紹介しました。

パパも人間ですから機嫌が悪くなることもあるでしょう。

とにかく誠意を持って謝ること、相手の指摘に感謝をするというポジティブな感情で返すことを心がけてください。

どうしても許してくれなければ涙を見せて動揺させ、許さざるを得ない状況を作りましょう。

パパ活で男性を怒らせるのは珍しいことではないので、万が一の時のために対処法を知っておいてくださいね!