「パパ活でやってはいけない行動って具体的に何?」

パパ活を始めてからなかなかうまくいかない方は、実は男性にとって不愉快な行動を取ってしまっているのかも。

キャバ嬢は接客のプロと思われがちですが、売れない最低レベルの時給で働いている女性もたくさんいます。

そんな底辺キャバ嬢の行動を分析すると、パパ活でのNG行動が見えてくるんです。

そこで今回は底辺キャバ嬢から学ぶパパ活でのNG行動を5つ紹介していきます。

パパ活でのNG行動が知りたい方やパパとなかなかデートが続かない方は参考にしてくださいね。

底辺キャバ嬢から学ぶ!パパ活でのNG行動5選

売れないキャバ嬢が稼げないのには理由があります。

男性を接客する点ではパパ活と同じなので、ダメなところを反面教師にしてみましょう。

相手の話を遮って自分の話ばかりする

底辺キャバ嬢がやりがちなのが、相手の話を遮って自分の話ばかりすること。

例えばパパが「今日は会社でトラブルがあってちょっと疲れたよ。実は…」「え〜〇〇さんも!?実は私も今日最悪なことがあってさ〜。でさ〜」のように、相手の話を聞かずに話したいことだけ話しているんですね。

優しいお客さんは聞いてくれますが、2度と指名しようとは思わないはず。

女性はついつい自分の話をしがちですが、これは本当に気をつけてください。

相手が何かを話し始めたらとにかく聞いて、相手の感情を癒すとか寄り添うことに集中しましょう。

「次に何話そうかな」「私も聞いて欲しいな」と言う気持ちは捨て、相手の話を聞くことを心がけてください。

否定から入る

底辺キャバ嬢がやりがちなのが、否定から入ること。

相手が何か言ってきたら「でもさぁ」から入る人、周りにいませんか?

毎回だと結構ストレスに感じるのではないでしょうか。

パパも同じで毎回否定的なことばかり言われていると、あなたと話すのが苦痛になります。

「でも」「だって」「って言うか」このような口癖がある方は今すぐ治しましょう。

なぜか上から目線

底辺キャバ嬢にありがちなのが上から目線で話すこと。

実は自分に自信がない人が多く、そんな自分が傷つかないために相手にマウントを取ってしまうのです。

上から目線の物言いは生意気ですし、相手に対して不快感を与えます。

日頃から自分が上から目線になっていないか周囲に聞いてみましょう。

特に自分に自信がない人は、ついつい上から目線になりがちなので気をつけてくださいね。

マナーがない

底辺キャバ嬢にありがちなのがマナーのない行動です。

例えば非喫煙者の前でタバコを断りなく吸ったり、相手の話を聞くときに頬杖や足組をしてしまうなど。

富裕層の男性はマナーにうるさい人が多いので、礼儀のない女性は相手にされないでしょう。

パパ活の際は足を組んだり頬杖をついたりするような行動は慎んでくださいね。

相手に対して感謝の気持ちがない

底辺キャバ嬢にありがちなのが相手に対して感謝の気持ちがないことです。

男性は感謝もせず「当たり前」と思っている女性に何かをしてあげたいとは思いません。

常に謙虚な気持ちを持って相手に対して感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

些細なことでも「ありがとう!」と喜べば、男性はもっとあなたに感謝されようと自然と頑張るものなのです。

まとめ

今回は底辺キャバ嬢に学ぶパパ活でやってはいけない行動を5つ紹介しました。

自分の周りの友人がこんな態度だったら、距離を置きたいと思いますよね?

パパ活でも同様なので、相手に不快感を与えずに一緒にいて楽しい存在になりましょう。

パパを喜ばせて楽しませることでパパ活成功のコツです。

向上心を持って常に相手に楽しい時間を提供できるパパ活女子になりましょう!