「パパ活デートができなくて商売上がったり!」
「お手当がもらえないから生活が苦しい…」

外出ができずデートができないこのご時世、お金がないとより不安になってしまいますよね。

ですがパパに会えなくてもお小遣いをもらうことはできます!

今回はデートなしでパパからお手当をもらうマニュアルを大公開。

筆者はこの方法でパパからお手当を今月10万円以上受け取りました。

相手の心理を動かすテクニックもお伝えするので、ぜひ活用してください。

パパから現金がもらえなくてもお手当をもらうマニュアル

デートができなくてもお手当をもらうことはできます。

うまくお手当を引き出すコツは、「お金ください」と言わないことです。

男性はお金を要求されると急に冷めてしまうもの。

上手に相手の男性から「お金をあげようか?」と言う言葉を引き出すテクニックを紹介します。

パパに連絡して不安を伝える

まずは何気なくパパに連絡をしましょう。

「パパ元気にしてる?このご時世だから気になって。パパの家族も元気かなあ?」

このように最初は世間話を持ちかけるようにしましょう。

ラリーが続くようなら「私もなんだか寂しくって、自宅にも帰れないし…」このような感じで頼れる人がいないと伝えてください。

「実家も苦しいから帰っても邪魔になっちゃうしね」と、実家の支援も期待できない旨を書き添えるとベター。

まずはあなたが不安であること、誰にも頼れないことを伝えましょう。

パパから「色々と大丈夫?」と言う言葉を引き出す

パパ以外には頼れないと伝えると、男性は無意識に「守ってあげなきゃ!」と思います。

このタイミングで「早く出かけたてパパに会いたいな」と伝えてあげましょう。

うまく不安が伝わっていれば、パパの方から「大丈夫?」と聞いてくるはず。

お金に困っていることを伝えるなら、このタイミングを逃さないようにしましょう。

お給料が減っちゃってと経済的な不安を訴える

パパから「大丈夫?」と質問されたら、初めてお金に困っていることを伝えましょう。

「会社が休業になったからお給料もカットされちゃった」
「ボーナスはなしって通達が出ちゃった」
「アルバイトに行けないからお給料ゼロでやばいよ」

素直に経済的に困っていることを伝えて大丈夫です。

パパも経済的にダメージを受けている可能性があるので、ゴリ押しはしないでくださいね。

それとなく「お金がない」と言う事実だけを伝えるようにしてください。

お小遣いをくれそうならLINEPAYやPayPayを提案

お金がないことを伝えたら、パパの反応を伺います。

気前の良いパパなら「お金を振り込もうか?」「物資を送ろうか」などと提案してくれるでしょう。

パパからお手当をもらえそうなら、遠慮せずに「本当にいいの?助かります」と答えてください。

外出しづらい状況であれば、LINEPAYやPayPayなどのオンライン送金ができるサービスがおすすめ。

即時反映ですぐに入金されますし、お互いに本名を知られるリスクもありません。

まとめ

今回はデートなしでパパからお手当をもらう方法をお伝えしました。

多くのパパ活女子が振り込みやオンライン決済を使ってお小遣いをもらっています。

今回お伝えした方法は、パパにさりげなく不安や経済的な困窮を伝えてお手当をもらう方法です。

ストレートに伝える方法もありますが、相手によっては関係が破綻することもあるのでおすすめしません。

上手に不安を伝えて状況がわかれば、男性の方からお金をあげると申し出てくれます。

男性のヒーロー願望をくすぐり、他の人には頼れないことを伝えるのがポイントです。

外出できなくてお手当がもらえないと不安な方は、ぜひ今回の方法を参考にしてみてくださいね!