「Twitterで会わずにお手当をもらったpjがいるって呟きを見た」
「私もパパに交渉したいけど、どんなことに注意すべきなの?」

外出できない今の時期はお手当がもらえず不安ですよね。

できたら会わないでお金だけもらいたい!なんて思ってしまうのも当然です。

実はパパから振り込みなどを使ってお手当をもらう方法はあります。

しかしいくつかの注意点を守らないと、パパとの関係が破綻してしまうことに。

今回はパパと会わずにお手当をもらう時に注意したいことをお伝えします。

現金がもらえなくてもお手当をもらいたいパパ活女子筆硯の内容です。

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したいこと

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したいことをお伝えします。

男性が不快に感じるポイントをまとめたので、相手に失礼のないように遠回しにおねだりしましょう。

今からお伝えする注意点を頭に入れ、男性に卑しいと思われないようにすると成功率が上がります。

お金をくださいと自分から言わない

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したい1つ目のことは、お金をくださいと自分から言わないことです。

パパ活では男性は疑似恋愛を楽しんでいますので、お金の話は気持ちを冷めさせます。

「お金目当てなんだな」と相手に伝わると、途端にあなたのことを嫌いになることもあるんです。

自分からお金が欲しいと直接的にアプローチをしないようにしてくださいね。

しつこく何度もお金が欲しいと匂わせない

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したい2つ目のことは、しつこく何度もお金が欲しいとにお合わせないことです。

何度もお金を要求するあなたへの気持ちがさめる原因になります。

外出ができるようになっても、あなたとデートしてくれない可能性が高いです。

一度伝えれば余裕ができた時に振り込みをしてくれるかもしれませんから、何度もお金について話すのはやめてください。

お金をくれると言われたら遠慮しない

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したい3つ目のことは、お金をくれると言われたら遠慮しないことです。

過剰に遠慮する演技をするとと「じゃぁ次の機会にあげようか」となり、流れてしまうことがあります。

謙虚さは大事なのですが、もらえる段階になって断るのは意味がありません。

お金をくれると相手がいったら、感謝の気持ちを示してありがたく受け取りましょう。

振り込みは本名バレの危険がある

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したい4つ目のことは、振り込みは本名バレの危険があることです。

お互いに本名を教え合っている関係なら構いませんが、大概のパパには個人情報を教えていないはず。

支店名から最寄りえきや会社がある駅を知られることになるので、口座を教えない方が無難です。

基本的にお金をもらう場合はペイペイやLINEペイなど、オンラインで送金できるサービスを使いましょう。

物資を送ると言われたら局留めに

パパと会わずにお手当をもらう時に注意したい5つ目のことは、物資を送ると言われたら局留めにすることです。

最寄りの郵便局や支店に留め置いてもらい、直接自宅まで届けてもらうのは避けましょう。

これはもちろん自宅の場所を知られるのを避けるためです。

パパを信頼視していたとしても、できるだけ個人情報は教えないのが無難。

物資をくれると言われたら局留めにしてもらう、または金券でもらえるよう交渉した方が良いでしょう。

まとめ

今回はパパと会わずにお手当をもらう時に注意したいことをお伝えしました。

個人情報を守り、なおかつパパを不愉快にさせたいためのポイントを覚えておきましょう。

お金のやり取りはデリケートなもので、失敗すると関係が壊れてしまいます。

今回紹介した注意点を頭に入れた上で交渉すれば、関係に影響なくお手当をもらうことができるでしょう!