「パパから心配してお手当をあげると言ってもらえた」
「現物と現金どっちがいいって聞かれたけど…どっちを選ぶのが正解なの?」

外出できなくてデートができなくても心配してお手当をくれようとする神パパもいます。

現物を送ろうというパパと現金をくれるパパの二通りがいますが、どちらを選ぶのが正解でしょうか。

今回は会えない間にパパから支援をしてもらえると言われたらどっちを選ぶべきか、またお礼はどんなふうにするのが良いかを解説していきます。

会えない間のパパからのお手当はネット決済できるアプリでの送金がベスト

会えない間のパパからのお手当はネット決済できるアプリでの送金がベストです。

3つの理由を説明していきますので、パパに現金と現物どちらが良い?と言われた時に参考にしてください。

お互いに本名がバレない

アプリでの送金であればお互いに本名がバレません。

アプリに登録している名前で送金されるので、プライバシーの保護につながります。

銀行口座は本名ばかりか最寄り駅がバレるのでおすすめしません。

パパから会えない間にお手当をもらうなら、安全なアプリ送金でお願いしましょう。

即時反映ですぐに換金できる

アプリでの送金は即時反映ですぐに換金できます。

銀行振り込みは銀行によっては即時反映しませんし、土日は振り込みが反映されないこともありますよね。

その点アプリでの送金は即時に反映されるので、送ってもらった瞬間に現金化として使えるのがメリット。

お金に困っている時はすぐにでも現金が欲しい物です。

スピード感の面から見てもアプリ決済をしてもらった方が良いでしょう。

現物支給は送る手間もかかる

パパが現物支給をすると言った場合は、パパに手間がかかるという理由をつけて断りましょう。

代替案としてアプリでの送金をお願いしてみてください。

現物支給は買い物に出かける手間、そして梱包と集配の手配をするので時間もお金もかかります。

逆に現金でもらった方がお金もかかりません。

パパにこの理由を伝えてアプリ決済で送金してもらうようにしましょう。

デートなしでお手当をもらった場合のお礼の言い方

デートなしでお手当をもらった場合、お礼の言い方も重要です。

直接お礼が言えないので、いつもより少し凝った手段でありがとうを伝えましょう。

動画でお礼の言葉を伝える

1つ目の方法は動画でお礼の言葉を伝えることです。

メールだけでは味気ないので、動画でパパに本当にありがとうというメッセージを送ってみてください。

特に外出ができない間はパパも寂しく思っていますから、動画で動いているあなたの顔が見られれば心の癒しになるはずです。

パパを喜ばせ、お礼をしっかり伝えるためにも動画で感謝を示すのはおすすめですよ。

いつもより長文で感謝の気持ちを伝える

動画が難しい場合はいつもより長文で感謝の気持ちを伝えましょう。

「届いたよ!ありがとう〜」だけではなく、「本当にありがとう、助かりました。いつかこのお礼はさせてください。パパも体に気をつけてね」だと印象が違いますよね。

会えない間にも自分を気にかけてくれるパパに対して、しっかり感謝が伝わるようにしてください。

お礼にLINEクーポンなど簡単な物を添える

可能ならばLINEクーポンなど、安くて構わないので何かお礼を添えるのも良いでしょう。

最近は安価で手軽に送れるオンラインクーポンも多いので、パパのために選んで送ってあげてください。

1,000円以下程度のもので構わないので、感謝の印として送ると喜ばれますよ。

まとめ

今回はパパから会えない間に支援を申し込まれた場合、現金と現物どちらを選ぶべきかについてお話ししました。

個人情報の保護やスピード感の点から、ネット送金で現金を送ってもらうのがベスト。

お金をもらったらいつもと違った形でパパにお礼を伝えてあげてください。

そうすることで今後の関係も良好になり、外出できるようになったらまたデートができるでしょう。