「オンラインデートしてみたいけど、話すことがなくなりそう」
「オンラインデートってみんな何を話してるの?」

直接あったりスキンシップが取れないオンラインデート、始めたばかりの頃はどこか気まずい物ですよね。

いつも会っているパパでも会話に詰まることがあるでしょう。

しかしオンラインデートは会話と視覚を合わせて楽しもの!

話が少々詰まってもいくらでもごまかしが効くんです。

今回はパパ活のオンラインデートの会話術を紹介します。

何を話したら良いか分からない、会話がなくなったら不安になる…そんな女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

パパ活のオンラインデート会話術

パパ活のオンラインデートの会話術を紹介します。

会話の流れや盛り上げるためのコツ、そして会話に詰まったときの打開策もご紹介。

これを覚えておけば、オンラインデートでもパパを楽しませることができるでしょう!

カメラに映る自分を意識しないで話す

パパ活のオンラインデートの会話術で覚えておきたいのは、カメラに映る自分を意識しないで話すことです。

話すときの目線は画面に映ったパパの顔に置いてください。

自分がどう映っているか気にしていると、自然と目線が画面を向いてしまい、パパから目線が外れます。

会話している感が薄くなってしまうので、これはNG。

ビデオ通話の時は自分の顔は意識せず、パパの顔を見て話すようにしてくださいね。

まずは近況報告から

パパ活のオンラインデートの会話のきっかけは、近況報告から始めましょう。

特に変わったことがなくても、会っていない間の出来事をお話しするだけで良いです。

自分の近況報告をしつつ、パパが最近どう過ごしていたかも聞いてあげてくださいね。

パパの近況に何か会話を広げるヒントがあれば、すかさずそれを広げます。

例えばパパが「外出できないからDIYを始めたよ」と言ったら、「何を作ってるの?私もやってみたいんだよね」を返しましょう。

相手に質問をしてたくさん話をしてもらえば、会話が楽になりますよ。

いつもより大袈裟にリアクションをする

パパ活オンラインデートでは、いつもより大袈裟にリアクションをしましょう。

オンラインデートは普段より距離が遠いので、生身の人間と話している感覚が薄くなります。

笑う時は大袈裟に声を上げて笑う、びっくりしたら椅子を引いて見せるなどリアクションを大きめにしましょう。

普段の外食ではできないくらい声が大きくなっても、家でなら気にしなくて大丈夫。

画面越しの会話は表情や感情が伝わりづらいことがあるので、リアクションは大きめにするようにしてくださいね。

話すことがなくなったら物を見せる

パパ活オンラインデートで会話に詰まったら、物を見せましょう。

ビデオがついているのでパパに視覚的に訴えることができるのがビデオ通話の良いところ。

例えばペットを見せたり、最近買った物や作った料理などなんでも良いので見せてあげます。

普段パパとのデートでは見せられない、素の部分を見せてあげると喜びますよ。

その他Youtubeなどの動画を一緒に見たりするのもオススメです。

Zoomには画面共有と言って、自分が見ている画面をパパと共有することができます。

一緒に映画を観たりもできるので、話すことがなくなりそうなら使ってみてくださいね。

まとめ

今回はパパ活でのオンラインデートの会話術についてお話ししました。

基本的には近況報告から初めて会話を探る、いつもより大袈裟にリアクションをすることを心がけてください。

オンラインということを意識しすぎると話せなくなるので、パパの顔を見ていつも通り話しているという意識で会話しましょう。

どうしても話すことがなくなった時は、家のものを見せたり映画を一緒に見たりすることもできます。

オンラインだからこそできることがあるので、ぜひオンラインデートを楽しみましょう!