「パパ活のお手当をできれば先払いしてほしいけど…言い出しづらい」
「パパに不快感を与えずに先払いにしてもらう言い方を教えて!」

パパ活においてお手当の条件交渉は非常に大切ですが、お金の話って面と向かっては言いづらいんですよね。

今回はパパにお手当を先払いにしてもらう際の上手な言い方をお伝えします!

特にこの時期のパパ活では先払いを言い出すチャンス。

是非この記事の内容を参考にしてお手当を先払いでゲットしちゃいましょう。

パパ活のお手当の先払いをしてもらうための上手な言い方

パパ活のお手当の先払いをしてもらうための上手な言い方の例を紹介します!

きちんとした理由を伝えられれば、男性の方も納得して先払いに応じてくれるでしょう。

この記事の内容を参考にして条件交渉してみてくださいね。

以前に食い逃げなどの被害にあって怖いと伝える

パパ活のお手当の先払いをしてもらうための上手な言い方1つ目は、以前に食い逃げなどの被害にあって怖いと伝えることです。

トラウマがあることがわかれば、パパも不安を解消してあげようと先払いに応じてくれるでしょう。

食い逃げ、ヤリ逃げなどお手当がもらえなくて嫌な思いをしたという経験を伝えるようにしてください。

過去に嫌なことがあって怖いので先払いにしてもらえませんか?とパパにお願いしてみましょう。

デートに集中したいからと伝える

パパ活のお手当の先払いをしてもらうための上手な言い方2つ目はデートに集中したいからと伝えることです。

お手当がきちんともらえるかどうか気にしていては、デート中にきがそぞろになってしまうことを理解してもらいましょう。

先にお金の精算を済ませて、デートは思いっきり楽しみたいと伝えればパパもわかってくれるはず。

パパとのデートを楽しむために先払いにしてほしい、と言えばパパも気を悪くしませんよ。

直接会えない時期だから先に振り込みしてほしいと伝える

パパ活のお手当の先払いをしてもらうための上手な言い方3つ目は、直接会えない時期だから先に振り込みしてほしいと伝えることです。

外出ができない時期はパパ活デート自体が難しく、パパ活女子にとっては死活問題。

直接あってパパ活することが困難なことを利用して、週1オンラインデートで〜円、振り込みでいただけると嬉しいですと伝えてみましょう。

この時期は男性側も外出が難しいことは理解しているので、オンラインデートの前払いでもお手当をくれる可能性があります。

時世を理由として先払いをお願いしてみるのも手段の1つです。

スムーズに先払いをお願いするコツ

次にスムーズにパパに先払いをお願いするコツを紹介します。

いきなり交渉するよりも、前もって情報を与えておいた方が相手に条件が伝わりやすいです。

プロフィールに先払い希望と書いておく

パパ活アプリのプロフィールに先払い希望と書いておきましょう。

きちんとプロフィールを読んでくれた男性なら、理解した上であなたにアプローチしてくるはず。

いざ先払いでお願いしますと伝えたときに不快感を感じないでしょう。

条件を聞かれた時点でメッセージで伝える

パパに条件を聞かれた時点で、メッセージ上で「先払い希望」と伝えましょう。

プロフィールに書いておいても読んでいない人もいるので、再度条件として伝えるべきです。

先払いを嫌がる人は食い逃げやヤリ逃げをする可能性もあるので、断られたらそのパパは切って別のパパを探しましょう。

まとめ

今回はパパ活の先払いを上手にお願いする方法をお伝えしました。

先払いは男性にとってはリスクがあるので、納得できる理由を説明してください。

男性もあなたが「信頼できそうな子だな、そんな事情があるなら仕方ない」と思えば、気持ち良く先払いに応じてくれます。

やり逃げや食い逃げを防げる先払いはパパ活女子にとってリスク回避手段の1つ。

是非今回の記事の内容を参考にして、有利に条件交渉してくださいね!