「パパ活のお手当相場…なんだか下がってきてる?」
「パパから提示されるお手当がすごく安い!断って大丈夫かな?」

パパ活のお手当は昔に比べて下がってきています。

特に不景気になってきている今は、男性側も収入に余裕がなくお手当をケチる傾向にあるんです。

女性側も高いお手当を提示すると断られるので、条件交渉の時に強気に出られないのが原因。

今回はこの時期だからこそ知っておきたい、2020年5月調査のパパ活お手当相場を公開します。

今からパパ活を始める方、最近提示されるお手当の金額が下がって困っている方はぜひ読んでみてくださいね。

【2020年5月】最新パパ活お手当の平均相場

最新パパ活お手当の相場をお伝えします。

外出やお店の営業が制限されるこの時期は、男性側も懐に余裕がありません。

またパパ活市場の人口が増えたことにより、パパ活女子の供給が多くなってしまっています。

相場に合わせてお手当を調整できるよう、平均相場を知っておきましょう。

顔合わせ

顔合わせのお手当相場は0円から5,000円になっています。

以前は5,000円から1万円程度期待できたのですが、パパ側から「初回はお手当なし」という提案が増えてきているんです。

これは中流層の経済力の男性がパパ活を始めているのが原因。

パパ活慣れしていないので、顔合わせでお金が必要ということを知らない人が多いんです。

顔合わせのお手当は、交通費だけでも負担して欲しいと伝えた方が良いでしょう。

食事デート

食事デートの相場は5,000円〜1万円程度です。

最近は「食事を奢るのだから、お手当にそんなに高い金額を出せない」と考えているパパが多いよう。

以前は1万円〜2万円程度が相場だったので、こちらも半額くらいに金額が下がっています。

要因としては景気の悪化に加え、高校生など未成年者がパパ活を始めているため。

女子高生にとっては5,000円でもありがたいので、相場が下がってしまうのです。

買い物デート

買い物デートの相場は1万円〜2万円、これにプレゼント費用が加算されます。

買ってもらえるプレゼントの金額はパパによってまちまちですが、デート自体のお手当は1〜2万円です。

ショッピングデートの相場は大きな変化がありません。

買い物に付き合ってくれるパパは経済的に余裕がある人が多いため、大きな変動がないのです。

半日デート

半日デートの相場は2万円程度と考えておきましょう。

デート内容は映画や遊園地に行くなど、恋人のように外出して遊ぶことです。

拘束時間によってお手当が変わりますが、大体1〜2万円でパパと外出している人が多いですね。

旅行

旅行のお手当は3万円〜5万円程度。

拘束時間自体がかなり長いので、まとまったお手当をもらうことができます。

旅行のお手当はさほど下がった印象はありません。

旅行費用を2人分負担できる経済的な余裕があるため、お手当をケチられることは少ないでしょう。

大人の関係

大人の関係の相場は2万〜5万円に下がっています。

最近は膣ドカタという言葉も流行している通り、手っ取り早くお金を稼ぐために女性が安い値段でセックスしてしまうからです。

特に女子高生などは1万5千円程度でも体の関係を持ってしまうことが多く、相場の暴落につながりました。

大人の関係を持つ際は自分で納得する金額を提示し、了承してくれるパパを厳選した方が良いでしょう。

まとめ

今回は2020年5月最新のパパ活の平均相場について解説しました。

パパ活相場は数年前と比べて徐々に下がってきています。

パパ活女子が増えたこと、パパ活の知名度向上によりさほどお金持ちじゃない男性が流入してきているからです。

とはいえ相場に合わせてお手当を下げすぎると、時間と報酬のバランスが取れなくなります。

良質なパパを探すためにはデートクラブや会費が高額なパパ活アプリを利用した方が良いでしょう!