「パパ活でうまく稼げない…SNSできた儲け話が魅力的に見えちゃう」
「最近外出できずにお手当てがもらえなくて困ってる…こんな時は詐欺が増えるって噂で聞いたけど見分ける方法を教えて」

いつの時代も不景気になると、お金に困っている人からさらに金銭を騙し取ろうとする輩が現れます。

パパ活市場も外出ができないことにより不景気。

つまりパパ活女子を狙った詐欺が増えてきているということです。

そこで今回はパパ活女子が警戒すべきパパ活詐欺の手口を4つ紹介します。

特に最近は収入が減っている女性を狙った詐欺が横行しているので注意しましょう!

【要注意!】パパ活詐欺の手口とは?

パパ活詐欺の手口を4つ紹介します。

外出できない今の時期に限らず詐欺はありますが、特にこのご時世は詐欺が増えているので要注意。

甘い話にうかつに乗らないようにし、自分のお金をしっかり守りましょう。

パパ活のフリをしてホストクラブに誘導する

パパ活詐欺の1つ目の手口はパパ活のフリをしてホストクラブに誘導するものです。

最近は外出自粛、水商売のお店の営業ができないためホストたちも収入源が減ってきています。

彼らはパパ活アプリやSNSでパパ活女子に声をかけ、集客の手段として使っているのです。

特徴は相手が若めのイケメンであること、身分証を持っているか確認してくること。

ホストクラブには身分証明書がないと入れないため、免許証などを持参しているかしつこく聞いてきます。

騙されてお店に連れて行かれてしまい、法外な請求をされた女性もいるので注意しましょう。

素敵な男性でも騙されず、連れて行かれた先がホストクラブならその場で帰るようにしてくださいね。

投資話を持ちかけてお金を騙し取る

パパ活詐欺の2つ目の手口は、投資話を持ちかけてお金を騙し取るものです。

今のご時世に限った話ではなく、この詐欺はパパ活界隈ではよくある話。

「お金を預けてくれたら1月後には倍にして返す」などと言われても、通帳やお金を預けないようにしましょう。

信用しているパパでも、お金に困ってこのような詐欺に手を出すことがあります。

パパにお金を預けるという行為は危険なので、キッパリ断るようにしてくださいね。

パパを紹介すると持ちかけて風俗へ誘導する

パパ活詐欺の3つ目の手口はパパを紹介すると持ちかけて風俗へ誘導するものです。

特にSNSなどで勧誘のDMがくることが多いので注意しましょう。

「良質なパパと会えるデートクラブを紹介します」などと声をかけ、蓋を開けたらデリヘルだったというパターンが多いです。

お金に困ったパパ活女子をデリヘルや風俗へ誘導し、紹介料を得ようとしている業者が多いので注意してください。

食い逃げ・やり逃げ詐欺

パパ活詐欺の4つ目の手口は食い逃げ・やり逃げ詐欺です。

食い逃げは食事を取っている最中に姿を消し、お会計を払わせるもの。

やり逃げ詐欺はホテルで行為が終わったら、お手当を払わずにそのまま男性が逃げてしまうというパターンです。

どちらもお手当がもらえないばかりか、ホテル代や飲食代まで払わされる悪質なもの。

これを防ぐためにお手当は先払いでもらっておきましょう。

前払いを異常に拒むようなら怪しいので、デート自体を避けた方が無難です。

まとめ

今回はパパ活女子が注意すべき詐欺の手口を4つ紹介しました。

外出できないこの時期は日本全体が不景気になっていて、治安も悪くなりがち。

信用しているパパでも投資詐欺などを持ちかけてくる可能性はあるので、甘い話には乗らないように注意しましょう。

またSNSでの風俗やホストクラブへの勧誘も増えているので、Twitterなどで知らないアカウントと気軽に会うことは避けてくださいね!