「パパから軽いプレゼントはもらえるんだけど、もっと高いものが欲しい」
「でもズケズケと欲しいものを頼んだら、がめつい女って思われちゃうかな?」

パパ活女子にとってパパからのプレゼントは収入の一部。

できるなら高いものをもらいたいですよね。

しかし言い方を考えないと、「お金目当てのがめつい女」と思われてしまうこともあるんです。

そこで今回は心理テクニックも交えたパパへの上手なおねだり術を紹介します。

プレゼントのおねだりがうまくできない方はぜひ読んでみてくださいね。

プレゼントの質をアップさせたい!パパへの上手なおねだり術

パパに不快な思いをさせずにプレゼントの質をアップさせる方法を伝授します!

この方法を使えば、パパは知らず知らずにうちにあなたにレベルの高いプレゼントを買ってしまうはず。

男性の真理などについても解説するので、頭に入れておいてくださいね。

相手に「自分の意志で買った」と思わせる

パパへの上手なおねだり術は、相手に自分の意志で買ったと思わせることです。

人は買わされたと感じると後悔しますが、自分で選んで買ったと思うと不愉快に思いません。

つまり欲しい物を「これ買って!いいでしょ?」と強引に迫るのでダメ。

例えば一緒にショッピングに行って「これ素敵だよね〜」と試着して見せたりし、直接的な「買って」は言わないことです。

パパが「買おうか」と言ってくれるまで、その商品を褒め倒しましょう。

男性は自分が買わされた感覚がないので、不愉快に思わずに欲しいプレゼントを手に入れられます。

「〜を買ってくれたらすっごく嬉しい」と控えめな言い方で伝える

パパへの上手なおねだり術は、「〜を買ってくれたらすっごく嬉しい」と控えめな言い方で伝えることです。

男性から「何が欲しい?」と聞かれたときに使えるテクニック。

欲しい物をストレートに伝えられますし、言い方が控えめなのでがめつい印象もしません。

また「嬉しい」というのがキーワードになり、パパはあなたを喜ばせたくなってついつい少々高い物でもプレゼントしたくなってしまうんです。

どうしても欲しいものがある場合は、この「〜をもらえたら嬉しい」という言葉を使って上手におねだりしましょう。

イエスセット話法を使う

パパへの上手なおねだり術は、イエスセット話法です。

イエスセット話法とはセミナーなどでもよく使われる手法で、相手に要求を飲ませるときに使われます。

人は相手に対して何度か肯定をすると、その後その相手からの要求にNOと言えなくなるという心理を用いた話法です。

あなた「今日はいい天気だよね」
パパ「そうだね」
あなた「今日デートできてよかったね」
パパ「本当に、よかったよね」
あなた「ウィンドウショッピングしてもいい?」
パパ「いいよ」

最初はこのように簡単に承諾できる会話や質問をし、何度か肯定させます。

その後本題の「これ買ってくれたら嬉しい」というおねだりをすると、相手はついつい「いいよ」と言ってしまうんです。

勧誘を行う際にも使われるテクニックなので、ぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

今回はプレゼントの質をあげたいあなたへ、上手なおねだり術を紹介しました。

ポイントをまとめておきますね。

  • 自分で購入すると決意させる
  • 〜してくれると嬉しいという言葉を使う
  • イエスセット話法を使う

この3つがポイントです。

男性に自分の意志で購入してもらうように誘導するのが欲しい物をゲットするポイント。

その前にイエスセット話法を使い、男性が「買ってあげる」と言いやすい心理を作っておきましょう。

欲しい物をダイレクトに伝えたいときは、嬉しいという言葉とセットにしてください。

男性は女性が喜ぶ顔を見て幸せを感じるので、あなたの幸せな笑顔のために欲しい物を買ってくれるでしょう。